タンザニア・ポレポレクラブ
TANZANIA POLE POLE CLUB
〜アフリカに緑を!〜
 
タンザニア・ポレポレクラブは東アフリカのタンザニアで村人とともに植林に取り組んでいる市民グループです。  
★当会は今年も「グローバルフェスタ2016」(10/1〜2、お台場)に出展します!★
 
About Us   
 
海外活動
 
国内活動
 
レポート
 
事業計画
 
企業の皆様へ
 
あなたにできる国際協力
 NEW!
今後の活動予定
 
会員になる
 
寄付する
 
ニュースレター
NEW!
ブログ
 
アクセス
 
リンク
 
English


海外活動最新情報


植林活動NEW!

・9/8更新 今年の大雨季植林結果
活動説明 / ・過去の報告
 
自立支援事業 NEW!

・9/9更新 KIHACONEにもついに事務所が!
活動説明 / ・過去の報告
生活改善事業 NEW!

・9/9更新 小学校の水飲み場を改善しました
活動説明 / ・過去の報告
日本の市民と村人の取り組み
(Rafikiプロジェクト)

・3/30更新 キディア村の自慢の森にあるものは!?   
活動説明 / ・過去の報告
その他の事業
その他の事業の詳細は → コチラ (6/24更新)









苗木を運ぶテマ村の子ども











Misitu ni Uhai
森はいのち







国内活動/その他
(どなたでも参加できます)

手工芸品活動

・6/13更新 エコライフ・フェア2016に出展しました
活動説明 / ・過去の活動履歴
国内ボランティア・インターン
アルバイト

国内ボランティア・インターン情報は→ コチラ
イベント

・10/7更新 「グローバルフェスタに出展しました!」
活動説明 / ・過去の活動履歴
キリマンジャロの森を守るため
皆様の力をお貸し下さい!

消えた住民達の森、国立公園拡大と当会の取組み
「世界への訴え」 皆さんの声の力を
植林ワークキャンプ
ワークキャンプの動画は → コチラ(4/28更新)
過去の報告は → コチラ
更新履歴
 新しい「ブログ」を立ち上げました!!(9/12)
 海外活動「生活改善事業」最新報告掲載(9/9)
 海外活動「自立支援事業」最新報告掲載(9/9)
 海外活動「村落植林活動」最新報告掲載(9/8)
 収集活動「7〜8月ご協力者名・実績」 を掲載(9/6)
 収集活動「ご協力企業」の 本年度累計実績 を更新(9/6)
 法人会員「オリエンタルホテル広島」様の7月植林支援実績
   を掲載(7/30)

 海外活動「その他」最新報告掲載(6/24)
 国内活動「手工芸品活動」の最新活動報告を更新(6/13)

過去の履歴はコチラ


使用済切手/書損じ葉書/不要書籍
集めてます!!
アフリカの緑を守ろう!
企業の皆様へ
(植林実績)
7〜8月分NEW!
'16年度累計NEW!
個人の皆様へ
収集活動チラシ(PDF)
 
  • クレジットカードで寄付する
  • クレジットカードで会費を払う
  • オンライン寄付サイト Give One
  • ポレポレクラブを応援!「基盤強化」寄付
  • 「蘇れ、キリマンジャロの森!」に寄付する
    (ペイジー&クレジットカード&ネットバンク)
  •  
    タンザニアの写真をパソコンに!壁紙募金
  • 本・CD・ゲーム等が寄付金に!Book募金
  • 「申込書」ダウンロード
  • NPO MEMBER'S CARD


    ★事務局日記★ (過去の日記はこちら
    タンザニア・ポレポレクラブ BLOG


    8月13日 世界遺産−住民を取り囲む現実 



    朝焼けのキリマンジャロ山
    朝焼けのキリマンジャロ


    今日もここキリマンジャロ山で朝からミーティングをしています。キリマンジャロ山では住民たちの生活の森を国立公園に取り込んだ国/それを管理する組織(KINAPA)と、森を取り戻そうとする地域住民たちとの間で緊張した状態が続いています

    そのKINAPAが「村人に環境教育を行う」とのお触れで8月11日から突然森林に沿った3県約60村を回り始めました。当会のカウンターパートであるTEACAとKIHACONEに対しても、その環境教育を手伝うようにということでほぼ50日間、連日にわたるこの巡回レクチャーに同行を求められています。

    しかし蓋を開けてみるとTEACAやKIHACONEにはほとんど発言機会が与えられず、また村人たちも同様です。KINAPAは環境教育とは別次元の、村に対するプロジェクト支援の提案などをしていますが、そこには村人たちをプロジェクトで懐柔し、森を取り戻すことを悲願としている彼らをだまらせてしまおうという考えが透けて見えます。

    少数の住人しか裨益できないプロジェクトと引き替えに、大多数の村人たちは生活の森を失うことになります。共に話し合い、お互いにとって納得のいくより良い着地点を見出すということをせず、トップダウンで一方的に自分たちの考えを押しつけるという姿勢がなぜ改まらないのか、10年以上にもわたるキリマンジャロ山でのこの国立公園の問題をかかえていながら、国立公園を管理する側には、その考えや姿勢を変えようとの意思が見られません。

    森を取り戻し、そこでの住民主体による森林管理の実現を目指して、キリマンジャロ山麓モシ県の森林に沿うすべての村(40村)が団結して立ち上げた地域代表組織KIHACONEは、こうした国立公園側の飴で地域や人を釣るような態度に対し、あくまで森の返還を求めていく方針を固めています。今朝のミーティングもそのためのものでした。

    そしてとくにキリマンジャロ山のような途上国にある「世界遺産」の現場では、そこに暮らす人々の生活よりも人類の宝としての「世界遺産」を守ることの方が、実態としても実質としても優先されているという現実が、世界に伝わることはないということを身をもって感じています。彼らの声は世界遺産を管理する当事国政府を通じてのみ公式に世界に発信される仕組みになっているからです。世界遺産の管理が当事国政府に任されている以上、責任を負う政府は自らの問題を明らかにすることをしません。住民達の声はそこで潰され、良い情報しか世界に出ていきません。

    当会はこうした状況に風穴を開け、自然と生活の双方を守っていくことのできる森林管理の仕組みを作り上げていこうとしています。すぐにその道が開けるものではありませんが、着実にそのためのレールを敷き、少しずつ成果となって現れてきています。これまでかたくなに国立公園内での地域住民による植林を拒否してきたKINAPAが、今年からその考えを放棄するに至ったのもその成果の一つといえます。住民を無視しては守るべき森も守れないということを理解したからです。

    まだまだ道半ばですが、当会はこれからもキリマンジャロ山での新たな森林保全・管理の仕組み(=地域住民主体)を実現すべく取り組みを進めていきます。そしてその結果が、世界の多くの国々、なかでも「世界遺産」となったがゆえに同様の苦しみを抱えている地域に対し、具体的解決策のモデルとなり、指針を示し得るものとなっていくことを願っています。





    ご意見はこちらへ!(ブログ)

    (過去の日記はこちら









    ご質問等がございましたら、下記までお気軽にお問い合わせ下さい。

    ポレポレクラブロゴ タンザニア・ポレポレクラブ
    (事務局) 〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-28-15
            サンライトハイツ301
     (事務局地図はこちら
    TEL/FAX: 03−3439−4847
    E-mail : pole2club@hotmail.com
    (本 部) 〒107-0062 東京都港区南青山6-1-32-103


    ※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
    Copyright(C)2015 タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.