タンザニア・ポレポレクラブ
TANZANIA POLE POLE CLUB
〜アフリカに緑を!〜
 
タンザニア・ポレポレクラブは東アフリカのタンザニアで村人とともに植林に取り組んでいる市民グループです。  
★7月3日から9月2日までキリマンジャロ山の現地調査を実施します!★
 
About Us   
 
海外活動
 
国内活動
 
レポート
 
事業計画
 
企業の皆様へ
 
あなたにできる国際協力
 
今後の活動予定
 
会員になる
 
寄付する
 
ニュースレター

ブログ
 
アクセス
 
リンク
 
English


海外活動最新情報


植林活動

・6/20更新 国立公園での住民による植林、ついに政府が認める!
活動説明 / ・過去の報告
 
自立支援事業

・6/20更新 養蜂箱の盗難防止柵の設置完了
活動説明 / ・過去の報告
生活改善事業

・6/24更新 困難な伝統水路の復旧工事進行中
活動説明 / ・過去の報告
日本の市民と村人の取り組み
(Rafikiプロジェクト)

・3/30更新 キディア村の自慢の森にあるものは!?   
活動説明 / ・過去の報告
その他の事業
その他の事業の詳細は → コチラ (6/24更新)









苗木を運ぶテマ村の子ども











Misitu ni Uhai
森はいのち







国内活動/その他
(どなたでも参加できます)

手工芸品活動

・6/13更新 エコライフ・フェア2016に出展しました
活動説明 / ・過去の活動履歴
国内ボランティア・インターン
アルバイト

国内ボランティア・インターン情報は→ コチラ
イベント

・10/7更新 「グローバルフェスタに出展しました!」
活動説明 / ・過去の活動履歴
キリマンジャロの森を守るため
皆様の力をお貸し下さい!

消えた住民達の森、国立公園拡大と当会の取組み
「世界への訴え」 皆さんの声の力を
植林ワークキャンプ
ワークキャンプの動画は → コチラ(4/28更新)
過去の報告は → コチラ
更新履歴
 「事務局日記」をアップ(7/1)
 収集活動「6月ご協力者名・実績」 を掲載(7/1)
 収集活動「ご協力企業」の 本年度累計実績 を更新(7/1)
 海外活動「その他」最新報告掲載(6/24)
 海外活動「生活改善事業」最新報告掲載(6/24)
 海外活動「自立支援事業」最新報告掲載(6/20)
 海外活動「村落植林活動」最新報告掲載(6/20)
 国内活動「手工芸品活動」の最新活動報告を更新(6/13)

過去の履歴はコチラ


使用済切手/書損じ葉書/不要書籍
集めてます!!
アフリカの緑を守ろう!
企業の皆様へ
(植林実績)
6月分
'16年度累計
個人の皆様へ
収集活動チラシ(PDF)
 
  • クレジットカードで寄付する
  • クレジットカードで会費を払う
  • オンライン寄付サイト Give One
  • ポレポレクラブを応援!「基盤強化」寄付
  • 「蘇れ、キリマンジャロの森!」に寄付する
    (ペイジー&クレジットカード&ネットバンク)
  •  
    タンザニアの写真をパソコンに!壁紙募金
  • 本・CD・ゲーム等が寄付金に!Book募金
  • 「申込書」ダウンロード
  • NPO MEMBER'S CARD


    ★事務局日記★ (過去の日記はこちら
                ブログ「みんなの広場」


    7月1日 俄に資源大国化するタンザニア 



    タンザニアでヘリウム田発見
    画像出典元: "TZ discovers huge helium deposits in Lake Rukwa"の見出しでヘリウム田発見を
    報じるタンザニアのニュースサイト 「The Citizen」 (6月29日付)


    タンザニアで、世界の供給不足を一気に解消するレベルの大規模なヘリウム田が発見されたというニュースをご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

     → 「タンザニアに「世界級」のヘリウム田、供給不足を解消も」 (CNN.com日本語訳サイト)

    タンザニアでは国ベースで世界の埋蔵量の20位〜30位に匹敵する天然ガス資源も発見されており、今回のヘリウム田の発見によって同国は俄に資源大国に躍り出ようとしている感があります。

    ヘリウムは太陽をはじめ宇宙には大量に存在していますが、地球にはそれほどなく、日本では100%を海外からの輸入、そのほとんどを米国に依存しています(2013年までは9割を依存)。

    そのヘリウムは超電導磁石や半導体製造などには欠かせない物質で、ひと頃は東京オリンピックに間に合うかなどとも騒がれていたリニアモーターカーの実現にも欠かすことが出来ません。ところが世界的な需給の逼迫から2012年には日本国内の備蓄がなくなってしまい、工場が止まるという「ヘリウムショック」が起きたことをご記憶の方もおられるでしょう。

    昨今日本がリニア技術をアメリカに売り込もうとしているとのニュースも流れていますが、その背景にはアメリカからのヘリウム供給を止められないように保証して貰うためのバーター取引との噂もあります。日本では「ヘリウム一滴、血の一滴」と言うそうですから、案外本当の話しなのかも知れません。

    それほど貴重なヘリウムが、当座世界の需給逼迫状況を覆せるほど大量にタンザニアで見つかったとなれば、各国がその資源争奪に乗り出してくることは想像に難くありません。同国の天然ガス開発では、タンザニア政府の取り分が少ないということで問題になったこともあり、資源が見つかることが必ずしもハッピーな状況を産出国にもたらすとは限らないのも世界の現実といえるでしょう。このヘリウムの発見によってタンザニアが食い物にされることがないよう願わずにはいられません。

    日本はタンザニアでの天然ガス利用において、同国では初となる天然ガス焚き複合火力発電所の建設を官民協力の結果として受注した実績がありますが、ヘリウム田開発においても、まずはタンザニアとその国民が優先してその利用による便益を享受し、発展に繋げていけるような協力をして欲しいものと思います。日本にはそのような協力ができるし、世界の中でそうした理念を掲げて協力するのが「日本」という地位を築いて欲しいと思っています。




    ご意見はこちらへ!(ブログ)

    (過去の日記はこちら









    ご質問等がございましたら、下記までお気軽にお問い合わせ下さい。

    ポレポレクラブロゴ タンザニア・ポレポレクラブ
    (事務局) 〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-28-15
            サンライトハイツ301
     (事務局地図はこちら
    TEL/FAX: 03−3439−4847
    E-mail : pole2club@hotmail.com
    (本 部) 〒107-0062 東京都港区南青山6-1-32-103


    ※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
    Copyright(C)2015 タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.