その他の海外事業の取り組み状況


 ●2022年
   4月  小学校への教師用資材支援実施
   3月  キリマンジャロ山麓の村々にすてきなロゴマークを!
   2月  診療所付帯施設建設進行中


2021年分2020年分2019年分2018年分2019年分2016年分2015年分2014年分2013年分2012年分2011年分2010年分2009年分2008年分

2022年分はこちら


■ 小学校への教師用資材支援実施 ('22/4) ■



オリモ小学校の先生方

オリモ小学校の先生方


キリマンジャロ山麓テマ村にあるオリモ小学校から依頼を受けていた、教師用資材の支援を実施しました。

同校では昨年度、傷みの激しかった2教場の改修支援したのをはじめ、これまで生徒用の学用品の支援を実施してきました。

校長先生からは以前から教師用の資材が不足している状況を伺っていましたが、これまで生徒向けを優先していたことから、教師向けは今回が初めてになります。

学校側から出されていた要望は、たとえば以下のようなものになります。 出席簿、指導用ノート、チョーク、模造紙、T定規、A4用紙、カラーペーパー、カーボンペーパー、マーカーペン、ホチキス、パンチ、ノリ、マスキングテープ、電卓などです。

これらについて必要量を手渡してくることが出来ましたが、学校には基本的なものが何もないという苦しい状況です。T定規を手にした先生が「これがどんなに必要だったか、本当に嬉しいわ!」と言って喜ばれていた姿が印象的でした。

近隣エリアも含め、教師、教科書の不足は少しずつ改善の方向にあると見ていますが、まだまだ授業に必要な様々なものが不足しています。当会は毎年キリマンジャロ山麓の小学校から1校を選んで生徒への学用品支援を続けてきましたが、今後は教師用の資材、教材もこれにあわせて考慮していく必要があると考えています。

改修工事をした教場で学んでいる生徒たち。教室に顔を出すとみんな立ち上がって挨拶してくれました。

改修工事をした教場で学んでいる生徒たち。教室に
顔を出すとみんな立ち上がって挨拶してくれました。



******************************************************

★当会がキリマンジャロ山で取り組んでいる 「植林」、「改良カマド普及」、「診療所支援」、「裁縫教室」、「養蜂プロジェクト」 へのご支援をぜひお願いいたします!(1口100円からご寄付いただけます)。

 くわしくは → こちら

★会員も募集中!
会員になると、現地の最新の取り組み状況をお伝えするニュースレターを年3回、現地からの葉書を年1回受け取ることができます!会員として当会のキリマンジャロ山での取り組みをぜひ応援してください!

 ・ネットでのご入会 → こちら
 ・郵便振替ご利用の場合
  → 口座番号: 00150−7−77254
    加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ

 ※ 郵便振替の場合は、備考欄に「会費」とご記入ください。

******************************************************


  このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



■ キリマンジャロ山麓の村々にすてきなロゴマークを! ('22/3) ■



村人たち自慢の“エデンの森”のロゴマーク

村人たち自慢の“エデンの森”のロゴマーク


ンゴロンゴロ地域からのマサイの人々の排除が大問題となっていますが、同じ世界遺産であるキリマンジャロ山でも、自然を守るためとして、地域の人々が彼らの生活に欠かせない生活の森(日本でいう里山の森)から排除されてすでに15年以上が経ちます。

山麓の村に暮らす村人たちは、半世紀にもわたって木を植え続け、森を守ってきました。それにもかかわらず、タンザニア政府はおろか世界の様々な機関や人々から「人間(山に暮らしている人々)が悪い」、「国立公園を拡大して、人が利用できないようにすべき」との圧倒的な声の前に、国立公園拡大が実行され、現在に至っています。

村人たちは、キリマンジャロ山の自然や森、そして消えつつある氷河を守るためには、政府や世界の人々が自分たちを信頼し、これまでのようにその保全、保護に力を発揮させてほしい、そして自分たちの生活に必要な糧を得られるようにして欲しいと訴え続けています

そんなキリマンジャロ山の森林(かつての里山の森)に沿って存在する数多くの村々が、キリマンジャロ山の自然と人々の生活を守るための連合体を組織しました。その名も“HAKIMAMA(Harakati ya mlima Kilimanjaro kwa Mazingira na Maisha)”「キリマンジャロ・環境と生活のための社会運動」。略称である“HAKIMAMA”は、スワヒリ語で「ママたちの権利」という意味にもなります。

現在モシ県の38村が参加していますが、隣のロンボ県からも一緒に参加して活動したいとの要望が寄せられています。

いまHAKIMAMAから、彼らの活動を多くのキリマンジャロ山麓の村に定着させ、また推進していくために、HAKIMAMAの存在を周知していけるロゴマークを作りたいとの声があがっています

ロゴマークには、キリマンジャロ山、水源、森(ないしは木)、苗木、花、ミツバチ、改良カマドを盛り込みたいというのが彼らの考えなのですが、そんなたくさん無理でしょうが、、、と若干呆れ気味。

とはいえ、何とかしてあげたいと思っております。当会ではデザイン関係は何ともならず、どなたかボランティアでデザインを手伝っていただける方がおりましたら、ぜひ当会までお声がけください(ボランティアで本当に恐縮です)。

当会では以前、キリマンジャロ山で村人たちが守ってきた“エデンの森”のステッカー(写真)を作ったことがあります。こちらは行政機関や地域で認識を広めるのにとても役立っており、今でもあちこちから「欲しい」との声がかかります。

キリマンジャロ山に暮らす村人たちの力となっていただければ幸いです!


【連絡先】

タンザニア・ポレポレクラブ
E-mail : pole2club@gmail.com


******************************************************

★ポレポレクラブは会員を募集中です!
会員になると、現地の最新の取り組み状況をお伝えするニュースレターを年3回、現地からの葉書を年1回受け取ることができます!
 ぜひ会員としてキリマンジャロ山での活動を応援してください!

 ・ネットでのご入会 → こちら

 ・郵便振替ご利用の場合
  → 口座番号: 00150−7−77254
    加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ

 ※ 郵便振替の場合は、備考欄に「会費」とご記入ください。

******************************************************


  このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



■ 診療所付帯施設建設進行中 ('22/2) ■


中断していた診療所の付帯施設工事 屋根の取り付けまでほぼ完了!
    (左) 中断していた診療所の付帯施設工事      (右) 屋根の取り付けまでほぼ完了!

キリマンジャロ山の標高約1,500mにあるテマ村。当会は村で長年の悲願となっていた診療所の建設を支援し、この1月で開所から2年が経ちました。昨年はコロナへの感染を恐れた村人たちが来所をためらったため一時的に患者数が減っていましたが、現在は月に150名程度の村人たちが診療や治療で診療所を訪れています。

そのテマ診療所でいま取り組んでいるのは、医師が診療所で暮らせるようにするための居住施設の建設です。テマ村は村の上部にはもう森しかないというはずれに位置しており、政府から派遣される医師が通える環境ではありません。現在は一時的に空き家を借りてそこに滞在してもらっていますが、医師が常駐できる居住施設が必要となっています。

村では住民に寄付を呼びかけ少しずつ建設を進めていましたが、その資金も尽きてしまい、昨年後半から建設作業の中断を余儀なくされていました。

そこで当会は屋根の設置が完了するところまで支援し、残りを村側で再度資金調達に動くことにしました。工事は突貫で進められ、2月初旬現在、屋根の取り付けまでほぼ完了しました。

村で集めることになっている寄付の方はあまり進んでいないのが現状ですが、村も遊んでいたわけでは決してなく、その間にも保険システムの稼働に向けて県側と粘り強く考証を続けてきました。保険業務に必要となるコンピューターは村人たちが資金を集め、2台を調達し、つい先日県医務局長の出席のもと診療所への引き渡し式を行いました。今後インターネット接続環境の整備、プログラムの導入、診療所スタッフの研修へと進めていきます。

当会は診療所がテマ村のみならず近隣村からも頼みとされる存在となるよう、今後も引き続き診療所側と協力、連携を図っていくことにしています。


******************************************************

●タンザニア・ポレポレクラブは、キリマンジャロの山奥、テマ村に唯一となる診療所(テマ診療所)を建設し、その後も薬剤や敷材等の支援を通して約4千人の村人たちの健康を見守っています。村人たちも診療所の運営のために寄付集めるなどの努力を重ねています。このテマ診療所がこれからも円滑に運慶を続けていけるよう、ぜひみなさまのご支援、ご協力をお願いいたします。
現地では200円で1人に1回分の薬剤を提供することができます!(以下のインターネット募金では、1口100円からご寄付いただけます)。

・インターネット寄付 → こちら


・郵便振替ご利用の場合
  → 郵便振替口座番号: 00150−7−77254
    加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ

 ※郵便振替の場合は、備考欄に「診療所支援」とご記入ください。

******************************************************


  このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る


※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C) タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.