2016年 その他事業の活動履歴


 ●2016年   12月 裁縫教室政府登録に向けて一歩前進
            9月 村での新たな診療所建設
            6月 裁縫教室の悩みごと
            4月 TEACAの新プロジェクト
 



■裁縫教室政府登録に向けて一歩前進('16/12)■


TEACA裁縫教室で学んでいる少女たち

TEACA裁縫教室で学んでいる少女たち


政府の公認校登録を目指しているカウンターパートTEACA(Tanzania Environmental Action Association) の裁縫教室。しかし2015年に実施されたタンザニアでの大統領選挙後、政府の様々な委員会が解散されたままとなっており、その一つに公認校登録を審査をする職業教育訓練公団(VETA)の委員会も含まれていました。

その委員会の委員がようやく任命され、再始動することになりました。選挙から何と1年も経っての再開に、いくらポレポレ(ゆっくりゆっくり)の国でも、さすがにこれはどうなのかという気がします。この間タンザニア全土で多くの民間の学校や教室が審査を保留され、その間に国の資格を得られずに卒業を迎えてしまった多くの生徒たちがいるのですから。

審査のプロセスは、まずいくつかの州を含むゾーン別委員会で一次審査され、そこを通過すると今度は中央政府委員会で最終審査が実施されます。

TEACAはさっそく再開されたゾーン別委員会でのヒアリング調査を受け、登録にあたって基本的に問題はないが、現行教師を月のうち2週間、期間2年間、麓の町モシのVETAに通わせ、さらに教授法を学ばせることが望ましいとの指導を受けました。TEACAはすでにその対応を進めています。

審査自体はそのまま進められ、最終的に中央政府委員会での審査まで完了するのは来年4月〜7月くらいになりそうです。まだ暫く時間を要しますが、何はともあれ見通しの立たなかった政府委員会が動き出し、安堵しているところです。



その他事業 最新報告   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る  



■村での新たな診療所建設('16/9)■


診療所建設のために準備された石材

診療所建設のために準備された石材


キリマンジャロ山の南山麓、標高約1,800mにあるテマ村(人口約4千人)には現在教会が運営する老朽化した診療所が1箇所しかなく、また長く医師が不在の状態(看護婦さんが簡単な手当のみ対応している)となっています。

従って村では以前から新たな診療所の建設と県による医師の派遣が懸案となっていました。この建設については当会も支援することにしていましたが、土地の確保や地元の政治的な問題もあり、なかなか進めることが出来ずにいました。

しかしこれらの問題もようやく片付き、県との医師の派遣に関する交渉も目処が立ったことから、いよいよ建設に着手することになりました。まずは確保した土地の整地をし、建物の基礎工事から取りかかります。当会は基礎工事のための石材を支援しています(写真)。

まだ診療所建設のための資金がすべて確保されているわけではないため、当会では今後村人たちと協力しながら、数年をかけてコツコツ建設を進めていく予定です。



その他事業 最新報告   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る  



■ 裁縫教室の悩みごと('16/6)■



当会のカウンターパートTEACA(Tanzania Environmental Action Association)が女子の自活支援のために運営している裁縫教室。

この教室では2年間のコースで縫製、刺繍、編み物を教えているのですが、以前から困っていることがあります。それは、編み機に使っている消耗部品の調達が困難なことです。

タンザニアでは編み機は作っておらず、TEACAの裁縫教室で使っている編み機も、JUKI(写真1)やDAICHI(写真2)といった日本やインドのメーカーのものです。これらのものがタンザニアで出回っているのです。

(写真1)JUKI (写真2)DAICHI
(写真1)                         (写真2)

ところが、どうやら日本などでは編み物はもはや手編みの時代のようで、かつて編み機を製造していたメーカーもすべて製造を中止し、すでに久しいようです。その結果タンザニアでは中古を含め編み機本体は出回っているのに、その消耗品が手に入らない(もしくは非常に高価)という事態になっています。

たとえばTEACA 裁縫教室でもっとも必要とされているのは、日本で「タッピ」と呼ばれている編み機のパーツです(写真3)。このパーツはキリマンジャロ山の麓の町モシではもはや手に入らず、数百キロも離れたムワンザなどまで買いに行かなければなりません。

(写真3)「タッピ」と呼ばれている編み機のパーツ
(写真3)

こうした状況ですので、もし日本ですでにご不要となっている使用可能なタッピをお持ちの方がおられましたら、ぜひお譲り頂けたらと思っております。



その他事業 最新報告   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る  


※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C)2012 タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.