村落植林活動 最新報告



■地域が示すキリマンジャロ山の新たな森林管理の姿 ('17/03) ■


村の苗畑で苗木の数を確認しています('17年3月撮影)

(写真) 村の苗畑で苗木の数を確認しています('17年3月撮影)


当会は3月18日までの約1ヶ月間、プロジェクトのフォローのためキリマンジャロ入りしていました。タンザニアでは4月から本格的な大雨季が始まるため、この時期は植林の実施に向け各村と最終的な実施計画の詰めを行う必要があります。

現地ではまず、それぞれの苗畑の状況を把握するため一つ一つ村を訪ねて回ります。そして村長さんや苗畑を管理している村の環境委員会のメンバー、苗畑グループの人たちと一緒に樹種別に計画通りに苗木が育てられているか、植えるのに十分な大きさに育っているか、苗木の健全性はどうかといったことをチェックしていきます。問題があればその場で原因や対応状況を聞き取り、それらの結果をもとに彼らと打ち合わせを行い、植林計画の達成のために必要な対策と具体的実施プランを確定させます。


苗畑で問題点の聞き取り中('17年3月撮影)

(写真) 苗畑で問題点の聞き取り中('17年3月撮影)


しかし今年は昨年末の小雨季にほとんど雨が降らなかったことからどの村も水不足に陥っており、苗木が次々と枯れてしまい、植林も計画達成が危ぶまれる状況でした。不足する苗木は山引きの実生苗を使って対応することで何とか目処はついたのですが、キリマンジャロ山で減り続ける降雨に、村人たちからは「このままだとどうなってしまうのだろう」と不安の声が漏れます。

今回の小雨期の降雨不足は何もキリマンジャロ山に限ったことではなく、タンザニア全土、隣国のケニアまで含む広範なものです。その意味でキリマンジャロ山にだけ何か特別な原因があるといえるものではありません。しかし数多くの枯れた泉、水を失った給水パイプラインを目の前にすると、キリマンジャロ山の森林回復にもはや一刻の猶予もないことを強く感じます。

この大雨季、キリマンジャロ山ではモシ県下の40の村が連携し、地域が一体となって取り組む植林が初めて実施されようとしています。さらに隣のロンボ県からも、今後の連携を打診する声が上がっています。

キリマンジャロ山の森を取り囲む村々による森林の一体管理は、彼らが感じている不安にどのように具体的に対処していくか、地域が導き出した答えだと言えます。それは過去政府による曖昧で不統一な管理政策が森林の劣化を招いてきた反省に立ち、キリマンジャロ山におけるあらたな森林管理のあり方を示していると言えるでしょう。


***********************************************************************

★クラウドファンディングの終了が迫っております。ぜひご協力をお願い致します!★

当会はキリマンジャロ山の40村による上記の大雨季植林を実現するため、現在クラウドファンディングに挑戦しています。

またこのプロジェクトでは、国立公園の拡大がキリマンジャロ山の森、住民、動物にもたらしている深刻な問題を、地域住民自身が世界に訴えていけるようになることを目指しています。

世界遺産の山で行われる暴力と抑圧。地域住民が安心して暮らし、自然を守っていける当たり前の暮らしを取り戻せるよう、みなさまのご協力をお願いいたします!

※ ページのシェア、拡散も大歓迎です!!

クラウドファンディングのページ(Readyfor)→ こちら



★過去の活動報告は→こちら


このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る

※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C)2008 タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.