生活改善事業の取り組み状況


 ●2018年
   7月  診療所の建設工事が再開しました
   4月  コーヒー接ぎ木技術のフォロー実施
   3月  村の子ども達を見守っていく苗木
   1月  裁縫教室生徒へのコーヒー接ぎ木セミナー実施
                       
 ■2017年分
 ■2016年分
 ■2015年分
 ■2014年分
 ■2013年分
 ■2012年分
 ■2011年分
 ■2010年分
 ■2009年分
 ■2008年分
 ■2007年分
 ■2006年分
 ■2005年分
 ■2004年分
 ■2003年分



2018年分はこちら


■診療所の建設工事が再開しました('18/7)■


写真1


当会が一部支援しているテマ村での診療所建設ですが、村での大雨季植林期間中は作業が止まっていました。さらにその大雨季の豪雨で近くの小学校(オリモ小学校)のトイレが流されてしまい、村では新しいトイレ建設のための資金まで必要となってしまい、再開の目処が立っていませんでした。

このため村は7月3日に村人たちを集めて話し合いを行い、あらためて一世帯5千シリングずつ寄付をすること、屋根葺き用の木材を供出できる家庭は供出するよう呼びかけられました。

この呼びかけにさっそく何人かの村人が木材の提供を申し出、製材作業が始まりました。
写真2


木はそれぞれの村人の家の敷地や畑などに植わっていたもので、将来材として切り出して自分の家の収入とするために育てていたものです。
行政による社会サービスが行き届かない現地では、地域社会はそれぞれの地域の人々が支えるという意識が当たり前のように根付いています。出せる人はお金を、無理な人はモノや労力や時間を、それも無理な人はいつか何かの形で貢献する。そしてそれも無理な人は免除する。またその一方で、地域社会の一員として、各人の貢献は強く求められるところでもあります。

屋根葺き用には約30本の木が必要とされていましたが、村では何とかこの30本を確保することが出来ました。

写真3

当会はこれまでもテマ村唯一の診療所であったナティロ診療所への薬剤の支援をしてきましたが、その後施設の老朽化が進んだことから、現在建築中のテマ診療所(仮称)の建築支援に切り替えています。30年近く植林に取り組んできたテマ村の村人たちの命と健康を守っていくため、当会は今後もこの建設への支援を続けていきます。

**********************************************************

★当会がキリマンジャロ山で取り組んでいる「植林」「改良カマド普及」「コーヒー農家支援」「裁縫教室」「養蜂プロジェクト」を寄付で応援いただけます。
 寄付のページ → こちら

★会員も募集しております!
 ・ネットでのご入会 → こちら
 ・郵便振替でのご寄付→ 郵便振替口座番号: 00150−7−77254
             加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ
 ※ 郵便振替の場合は、備考欄に「会費」とご記入ください。

**********************************************************






  このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る




■コーヒー接ぎ木技術のフォロー実施('18/4)■


写真1


当会は毎年村人へのコーヒー接ぎ木研修を実施しています。だいたいの村人は、研修をうけるとそれだけで接ぎ木が出来る気分になってしまいますが、実際はそうではありません。研修では当然接ぎ木の作業にも取り組みますが、その場で結果までは分かりません。

技術の確実な定着をはかるためには、接ぎ木の継続的な実施とその結果の把握、上手くいかなければ原因分析と対策が必須になります。

今回も過去に接ぎ木研修を実施した地域のリーダーを対象に、技術の定着状況を確認するためのフォローを実施しました。ここで良い結果が出なければ、原因を話し合い、再度実施します。

これまではコーヒーの接ぎ木に取り組んできましたが、今年度からは果樹(アボガド)の接ぎ木も実施していく計画です。


******************************************************

★タンザニア・ポレポレクラブは会員を募集しております。
 会員としてぜひ当会の活動を応援してください!
 ・年会費 → (正会員)1万円、(賛助会員)5千円
 (ポレポレ応援会員)千円
 ・ネットでのご入会 → こちら
 ・郵便振替でのご寄付→ 郵便振替口座番号: 00150−7−77254
             加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ
 ※ 郵便振替の場合は、備考欄に「会費」とご記入ください。

******************************************************






  このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る




■村の子ども達を見守っていく苗木('18/3)■


写真1


当会も一部支援して建設を進めているキリマンジャロ山麓テマ村の新診療所ですが、村側で準備できた今年度分の資金を使い切ったため、現在工事がほぼ止まっています。村では新たに各世帯から寄付を集め、6月末までに何とか屋根まではつけたいとのことですが、山岳部にあるテマ村ではこれから大雨期が入り資材運搬も困難となることから、ちょっと難しそうな状況です。

写真2写真2
診療所建設の状況。(写真左)2017年10月時点、(写真右)2018年2月時点


建設については一時中断を余儀なくされていますが、診療所の敷地整備の一環としてこのほど大雨期に先駆け植林を実施しました。ちょうど日本から現地プロジェクト視察で8名の方を受け入れていたため、みなさんにも一緒に植林に参加していただきました。植えたのは現地で装飾寿として植えられているターミナリアとピナス松の2樹種で、約200本を植えました。

写真3

写真4

診療所は最終的に3棟の建物が建つ予定ですが、現在建てているのはMCHC(Maternal and Child Health)棟で、母子の健康を主に担っていくことになります。植えた苗木は、これから診療所で生まれてくる子ども達の成長をずっと見守っていってくれるでしょう。

写真5



******************************************************

★タンザニア・ポレポレクラブは会員を募集しております。
 会員としてぜひ当会の活動を応援してください!
 ・年会費 → (正会員)1万円、(賛助会員)5千円
 (ポレポレ応援会員)千円
 ・ネットでのご入会 → こちら
 ・郵便振替でのご寄付→ 郵便振替口座番号: 00150−7−77254
             加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ
 ※ 郵便振替の場合は、備考欄に「会費」とご記入ください。

******************************************************






  このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る




■裁縫教室生徒へのコーヒー接ぎ木セミナー実施('18/1)■


写真1&2 写真1&2



現地カウンターパートのテアカは、毎年コーヒー苗木の接ぎ木セミナーを実施しています。普段は村人たちを対象に実施していますが、今年は趣向を変えてテアカが運営している裁縫教室の生徒たちに教えることにしました。

裁縫教室は様々な理由で中学校に進学することが出来なかった女の子たちが、手に技術をつけ自活していけるようにするために運営していますが、接ぎ木技術を身につければ接ぎ木苗の販売もできるようになります。接ぎ木苗は通常の苗木の5倍くらいの値段で売ることができ、収入を助けてくれることになります(2本売ればお米1kgを買うことができます)。

今回はコーヒー苗木の接ぎ木を教えましたが、今後さらに果樹(アボカド)の接ぎ木も教えていくことにしています!

**********************************************************

★タンザニア・ポレポレクラブは会員を募集しております。
 会員としてぜひ当会の活動を応援してください!
 ・年会費 → (正会員)1万円、
       (賛助会員)5千円、(ポレポレ応援会員)千円
 ・ネットでのご入会 → こちら
 ・郵便振替でのご寄付→ 郵便振替口座番号:00150−7−77254
             加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ
 ※ 郵便振替の場合は、備考欄に「会費」とご記入ください。

**********************************************************






  このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る

※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C) タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.