生活改善事業の取り組み状況


 ●2019年
   2月  森林の保全に貢献する改良カマド

                       
 ■2018年分
 ■2017年分
 ■2016年分
 ■2015年分
 ■2014年分
 ■2013年分
 ■2012年分
 ■2011年分
 ■2010年分
 ■2009年分
 ■2008年分
 ■2007年分
 ■2006年分
 ■2005年分
 ■2004年分
 ■2003年分



2019年分はこちら


■森林の保全に貢献する改良カマド('19/2)■


ロレ村で普及が進む改良カマド

ロレ村で普及が進む改良カマド


当会はキリマンジャロ山麓で改良カマド(エンザロカマド)の設置を進めていますが、この改良カマドには本当にたくさんのメリットがあります。

まず何と言っても薪の消費量を大幅に削減できること。消費量は現地で一般に使われている三ツ石カマドの半分以下、約6割(!)も削減できてしまいます。そのため森林にかかる圧力を大幅に下げることができます。

次に、調理時間が大幅に短縮できること。一つの焚口に対して3箇所で同時に調理できる改良カマドならではメリットだといえます。

それだけではありません。薪消費の削減は、村の上部にある森まで山道を登り薪を集めてくる女性たちの薪集め労働を大幅に軽減しました。これは調理時間の短縮と相まって、彼女たちに余剰時間を生み出しました。その余剰時間を収入を増やすための他の生産活動や、子ども達のための時間に振り向けることが出来るようになりました。

タンザニアの農村部で一般的な三ツ石カマド

タンザニアの農村部で一般的な三ツ石カマド


さらに燃焼効率が良いためあまり煙が出ず、また回りを土やレンガで覆っているため、幼児がうっかり火に手を突っ込んでしまう心配もなくなりました。

とにかくメリットを挙げだしたらキリがないくらいで、村のママさんたちには大人気です。昨年重点設置を開始したロレ村では要望が殺到してとても追いつきません。

キリマンジャロ山の森は、植林だけでは守れないと考えています。森を増やす取り組みである植林と、森を減らさない取り組みである改良カマドの普及は、切り離すことの出来ない車の両輪です。

ロレ村ではカマド職人をあらたに養成し、要望に応えられるようにしていきたいと考えています。


******************************************************

★当会がキリマンジャロ山で取り組んでいる「植林」「改良カマド普及」「コーヒー農家支援」「裁縫教室」「養蜂プロジェクト」を寄付で応援いただけます。
 寄付のページ → こちら

★会員も募集しております!
 ・ネットでのご入会 → こちら
 ・郵便振替でのご寄付→ 郵便振替口座番号: 00150−7−77254
             加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ
 ※ 郵便振替の場合は、備考欄に「会費」とご記入ください。

******************************************************






  このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C) タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.