2008年 ポレポレ菜園の活動履歴


 ●2008年12月 菜園報告 『今年最後の菜園活動開催!』
        11月 菜園報告 『鍋の季節到来!!』
        10月 菜園報告 『チャガ民族の農耕システム』
         9月 菜園報告 『秋の菜園』
             菜園ミーティング
         8月 菜園報告 『ひょうたん収獲』
         7月 菜園報告 『雑草菜園』  
         6月 菜園報告 『ジャガイモ収穫』
         5月 菜園報告 『川での観察会も実施』
         3月 菜園報告 『春、種まきの季節』
         1月 菜園ミーティング
     



12月菜園報告(12/28〜29) 

『今年最後の菜園活動開催!』

年も押し迫った12/28〜29にかけて、今年最後となるポレポレ菜園に行ってきました。

28日は収穫作業でしたが、この日は風が強く寒くて大変でした・・・。メダカ池のメダカたちも、底の泥に潜って冬越しに備えていました。収穫は里芋、白菜、大根、葱、春菊、水菜、唐辛子、人参。大根は人の足より大きく育っていて、夜の鍋でも1本食べるのがやっとなくらい!

翌日は前日とは打って変わっての穏やかな晴天。半袖でもポカポカと暖かいくらいの陽気に恵まれました。そして空の青さの素晴らしいこと!その空を背景に、小鳥たちが元気いっぱい飛び回っていました。作業は来年に向けての土作り。ヘアリーベッチを鋤込みながら、前月に続いて畑の天地返しに取り組みました。

どれもズッシリの白菜    大根は食べきれないくらいの大きさ
    ↑どれもズッシリの白菜             ↑大根は食べきれないくらいの大きさ


2009年最初の菜園活動は、1月24日(土)〜25日(日)の予定です。冬野菜もまだまだ収穫が続きます。菜園活動に興味のある方は、ぜひご一緒しませんか!?


このページの先頭へ戻る  トップページへ戻る





11月菜園報告(11/15〜11/16) 

『鍋の季節到来!!』

天気は曇ったり雨がぱらついたり、という微妙な天候の中、今年も残す所2回となった菜園活動に行ってきました。 今回は「さあ出発」という時に、車のバッテリーがあがってしまうトラブルがあり、予定よりもだいぶ遅れての現場着となりました。

冬野菜もいよいよ収穫本番の季節を迎え、初日は大根、白菜、サトイモ、水菜、春菊、長ネギ、シシトウ、唐辛子などをひたすら収穫。白菜は丁寧に間引きしたのが功を奏して、中身がぎっしり詰まった重量級のできばえ!大根もすこぶる育ちが良く、どれも首を長く出していて、土寄せが大変でした。

おかげさまで夜は収穫したての野菜で溢れんばかりの豪華な鍋、水炊き、豚汁、煮物、浅漬け、大根おろしなどなど。体が喜ぶご馳走でした!

2日目はサツマイモの収穫。その後は、収穫し空いたスペースの天地返し。深さ50センチは掘らないといけないハードな作業。おかげで寒さは吹き飛びました。
あらたに取り組み始めたヘアリーベッチも追加播種をしましたが、蒔き方、タイミングなど、色々と工夫が必要なことが判明してきました。

今年は豊作の白菜    大根も土寄せが大変なくらいの良い育ち
    ↑今年は豊作の白菜              ↑大根も土寄せが大変なくらいの良い育ち

天地返し作業中
  ↑天地返しの様子

2008年最後となる12月の菜園活動は、12月28日(日)〜29日(月)を予定しています。冬野菜もまだまだ収穫が続きます。また年末ということで、あわせて忘年会も開催します。菜園活動に興味のある方は、ぜひぜひご参加下さい!


このページの先頭へ戻る  トップページへ戻る



10月菜園報告(10/18〜10/19) 

9月の菜園活動から早1ヶ月・・・
頭の上にたくさんのトンボが飛び交っていて秋まっさかりのポレポレ菜園でした。

菜園の野菜たちは前月に期待した以上の成長っぷりで、
今月はセロリの苗と春に向けて玉葱の植え付けをしました。
サツマイモ掘りからはじまって、白菜、水菜、長ネギ、里芋、ししとうを収穫。
さらに、近くの森の中でアケビの実も発見!
ポレポレ菜園周辺では名前は知ってるけど実際に見たことのないものをたくさん目にすることが出来ます。

みんなでイモ掘り    たくさんとれました
  ↑ みんなでイモ掘り              ↑ たくさんとれました!

木に登ってとったアケビ
  ↑木に登って収穫したアケビ

また、野菜だけでなく先月畝下に沢山まいたヘアリーベッチも順調に育っています。
来年の夏によい結果をもたらしてくれるように、今月もさらに蒔種しました。

水菜の畝下にそだつへありーべっち
↑水菜の畝下に育つヘアリーベッチ


先月から取り組み始めた省水農法ですが、こちらもとっても順調!
もう少し経過を観察して、取り組みの報告が出来ればと思います。

7月の輪作の検討、8月の省水農法への挑戦に続いて、今月は"チャガ民族の農耕システム"を学びました。 タンザニアのキリマンジャロ山麓に住むチャガ民族の伝統的な農耕システムは実に合理的で持続的!
農業・林業、さらには家畜も同じ土地で飼うアグロフォレストリー型複合農業です。 無駄のない循環・さらに永年性など、ポレポレ菜園にも何か生かせる知恵がありそうです。 また、ポレポレ菜園にもタンザニアの人たちの生活に生かせるものがあるのだと思います。

来月はもっとぐっと寒くなって鍋のおいしい季節です。
今月の収穫物+春菊がとれる予定です!


このページの先頭へ戻る  トップページへ戻る



9月菜園報告(9/14〜9/15) 

『秋の菜園』

3連休のうちの2日を利用してポレポレ菜園活動を行ってきました!
先月はまだ青々としていたまわりの田んぼもすっかり黄金色になり、稲刈りが
始まっていました。また日中は暑さを感じましたが午後になると心地よい風も吹き、
すっかり秋だなぁと思いました。

さすがに9月になると夏ほど雑草は延びておらず、参加者も多かったため
草むしりにあまり時間はかかりませんでした。
収穫物は・・・ブルーベリー、大根の葉っぱ、ししとう、とうがらし、長ネギ。
特に芽がたくさん出ていた為、大根の葉っぱは大収獲!
ブルーベリーも甘みがあってとても美味しかったです。
先月まで小さくて細かった長ネギも土の中で白く太くなっていて、感動でした!
はじめはほんの一株だったサツマイモも順調に広がっています!

   かわいいブルーベリー    ちいさい大根
      ↑綺麗な色の実!             ↑間引きされた大根

夜ご飯にはタンザニアの主食・ウガリを調理!
現地で実際に食べた人たちは懐かしさ、初めて食べた人たちは新鮮さを感じました。

2日目はあまり芽が出ていなかった白菜・水菜・春菊に加え、
京野菜の壬生菜・高菜・パセリ、ヘアリーベッチの種を植え付けました。
(ヘアリーベッチはマメ科の作物で、雑草が生えなくなる効果、
 畑にすき込むと肥やしになる効果があると言われています!!)

来月は大根・水菜・長ネギが収穫できそうです。
人参や白菜も間引きが必要なほど芽が出てくれたらいいなぁ。。

また今回、タンザニアで取り組んでいる省水農法に取り組んでみました!
まだまだ改良を重ねなければいけないと思いますが、気長に頑張ります。
(詳しい省水農法の説明は→こちら

このページの先頭へ戻る  トップページへ戻る



9月菜園ミーティング (9/7)  於:桜新町事務所

<<議題>>
1.参加者が少ない時の補助について
2.収入を得る方法
3.今後の方向性
4.役割分担

1,参加者が少ない時の補助について
2,収入を得る方法について

補助&収入の問題解決として定額制はどうかとなりました。
参加費を毎回3500円に固定するという方法で、そこにはガソリン代、宿代、
1日目夜食・2日目朝・昼食が含まれます。
その他温泉代・酒代は別途自己負担です。
こうなると、参加者が多い時には実際かかった分の差額から菜園予算がたまり、
参加者が少ない時には実際の足りてない分が菜園から出るかたちになります。

内訳は次の通りです
ガス代     1500円
食費      1000円
宿        1000円
___________
合計      3500円

途中参加の方からは内訳を基に実費で徴収します。

3.今後の方向性
・菜園場所の引っ越し
現在の場所のように安価で畑を借りれたり、宿泊できたりするところが他にもあれば
引っ越しも視野にいれることに。メンバーで探してみましょうとなりました。
2 畑について
今現状の菜園活動は、それぞれ個人で目的があるにしても、
本来の趣旨を知らないメンバーが多いとなりました。
そこで、1日目昼食の前にミーティングを行って、
今回の作業の説明や簡単な勉強会を各自交替で企画したりすることに。

4.役割分担
部長/金子
会計/平山
連絡・人数管理/御田
イベント・物品管理/福崎・中村
任期は来年度末まで。自分が役割を果たせない時は必ず他の人に頼むことを再確認しました。



このページの先頭へ戻る  トップページへ戻る



8月菜園報告(8/9〜8/10) 

『ひょうたん収穫』

8月半ばということでだいぶ暑いだろうなぁと想像されましたが、ポレポレ菜園のある茨城県石岡市はこもった空気が無く、さわやかな風も吹いていて、過ごしやすい気候でした。

菜園に到着してびっくり!先月あんなに頑張ってぬいた雑草が復活していました・・・ 今回もやっぱり仕事は雑草抜きから。

収穫の期待されたトウモロコシ・枝豆は雑草の影響&ネズミによる被害で収穫できませんでした。 また、前月に植えた冬野菜の芽も期待したほどは出ておらず、一同がっかりです・・・

ネズミがたべちゃった
ネズミにかじられたトウモロコシ

しかし今回成長に喜ばされたのはひょうたんとさつまいも! 特にひょうたんは大きい実が3つもついていて、お花もいくつか咲いていました。 ずっしり重たい実を収穫し、メンバーの一人が加工してくれる予定です。 また、さつまいもは前回少ししか植えてないにも関わらず、順調に面積を広げていました。
今回の収穫はニラ・しそ・ひょうたん・小さいブルーベリーの実です。

すくすくひょうたん
すくすく育つひょうたん


前月に引き続き、今回も冬野菜を中心に種をまきました。 大根・春菊・水菜・タマネギ・人参です。来月どれだけ芽が出るか、楽しみであり心配でもあります。 雨が沢山降ってくれるといいなぁと思います。

2日目は雑草抜き&種まきのあと、メンバーによる輪作についての説明がありました。 輪作とは、連作障害(同じ畑に同じ野菜を作り続けていると、病害虫が発生しやすくなったり、肥料の栄養バランスが崩れたり、作物自体の根から出る成分が悪い影響を与えたりすること)を防ぐための一つの対策で、栽培する作物を周期的に変えることで土壌の栄養バランスが取れ、収穫量・品質が向上するというものです。1サイクルするだけでも時間を要しますが、いい畑作りは土作りから。 今後植え付けの際にメンバー全員で考えてゆきたいと思います。

輪作パネルをみています
輪作について考えました


来月は今回蒔いた冬野菜の芽がじゃんじゃん出てきて、ブルーベリーを収穫する予定です。また、夏前に失敗に終わったヘアリーベッチもリベンジです!

このページの先頭へ戻る  トップページへ戻る



7月菜園報告(7/20〜7/21) 

『雑草菜園』

まさに夏という天候の中、開催された7月の菜園活動。

菜園到着の後、畑の姿にびっくり・・・
雑草がすごい!!野菜が何も見えません・・・
しかもしっかり根をはっているので手強い相手です。

before
ものすごい雑草!!


1日目は雑草に埋もれて負けそうな野菜たちを掘り出すことで終了。
ポレポレ菜園の看板も雑草に隠れていて、なかなか見つけられませんでした。
しかしなぜか季節外れのイチゴがなっていて、とっても癒やされました。
ちなみに収穫物はゴマの葉・短い長ネギ・シソ。寂しい・・

かわいい
季節外れのイチゴ。かわいい。


2日目は雑草取りと並行して冬野菜の植え付けを行いました。
今回植えたのは、ニンジン・大根・白菜・春菊・さつまいも。
雑草に負けないでください!!

after
1日目と大違い!!


この日はだいぶ過ごしやすい気候で、真っ昼間でも風が気持ちよく感じられました。
また、菜園の夜と朝のすがすがしさは言葉になりません。
菜園活動を終えて、東京に帰ったきたときの蒸し蒸しした暑さ・・・はぁ・・
また来月が楽しみです。来月は美味しい野菜をおなかいっぱい食べたいです。


このページの先頭へ戻る  トップページへ戻る



6月菜園報告(6/21〜6/22) 

『ジャガイモ収穫』

梅雨前線が発達し、大雨予報が出されるなか開催した6月菜園。しかし案外天気は崩れず、初日は曇り、2日目は小雨で済みました。

作業予定はサツマイモの苗の植え付け、草刈り、そしてイチゴの収穫だったのですが、サツマ苗、イチゴとも今年は早めに時期が終わってしまい、苗の調達、収穫ともできずじまいでした。

おまけに畑に着いたら、なぜかトラクターが入った跡が。せっかくの野菜が根こそぎ刈られてしまうという、いきなりショッキングな出来事。さらに、雑草対策に試験的に播種していたヘアリーベッチも丁寧に全部刈られていました・・・。草原状態のポレポレ菜園を見て、どうやら地元の人が「気を利かして」くれたようです。「それじゃ文句も言えないしなぁ〜」と一同しばしがっくり。

一方、思わぬことといえば、7月に収穫を予定していたジャガイモはまさに収穫適期となっており、がっつり収穫してきました。ということで、今回は食事という食事はジャガイモづくし!みんなで1年分はまとめて食べました!!

今回はジャガイモづくし!こんなにたくさん穫れました  川での観察会
今回はジャガイモづくし!こんなにたくさん穫れました。
2日目には、ポレポレクラブが検討を進めている、キリマンジャロ山でのエコツアーについて、パソコンを使ってのプレゼンテーションもやりました。

プレゼンテーションの様子  
プレゼンテーションの様子
前回は自然観察会をやりましたが、菜園活動の場をいかして、毎回いろいろな学びが出来るようにしたいと思っています。

このページの先頭へ戻る  トップページへ戻る




5月菜園報告(5/5〜6) 

『川での観察会も実施』

5月の菜園は今年もゴールデンウィークに実施。連休中にもかかわらず、参加者18名と相変わらずの人気です。作業は枝豆、トウモロコシ、ケール、カボチャ、トマト、スイカなどの苗の植え付けにジャガイモの芽かきなど。また、ホウレン草、韓国野菜などを収穫しました。

畑のビオトープ池ではメダカがだいぶ数を増やしており、小さな稚魚がいっぱい泳いでいました。ヤゴもいろいろな種類がいて、小さな池とはいえ、自然の中で水というものが果たしている役割の大きさ、不思議さ、そして「力」のようなものを感じずにはいられません。

2日目には午前中は作業を休んで、近くの川に観察会に出かけました。少し濁っていましたが、橋の上から見ているだけでは分からない、小さな生き物たちの世界を垣間見ることができました。今回はアユと思わしき魚の稚魚や、タガメの生息まで確認できたのが収穫でした。

畑ではブルーベリーがようやく花を咲かせ、来月はもしかしたら収穫できるかも知れません。雑草抑制と地力確保を目指して試験的に播種したビロードクサフジも思っていたより発芽率、生長とも良く、今後の成果に期待を抱いています。


五月晴れの天気に恵まれ、本当に気持ちいい!  川での観察会
最高の五月晴れに恵まれました。川での観察会では思わぬ発見も

多彩な参加者が集うのも菜園活動の魅力!  
多彩な参加者が集うのも菜園活動の魅力!


このページの先頭へ戻る  トップページへ戻る




3月菜園報告(3/29〜30) 

『春、種まきの季節』

東京では桜の開花宣言が出され、まさに絶好のお花見日和の中、菜園へ行ってきました。天気にも恵まれ、途中で隅田川の脇を通った時には、満開の桜に春の訪れを実感しました。今回の参加者は8名。三ヶ月ぶりの菜園に和気あいあいと向かいました。

菜園に到着すると、早速作業を始めました。まずは収穫。今回は大量の里芋、数本の長ネギと菜の花、また、2年越しで成長を見守っていた椎茸が1本だけとれました。今日の夕食には何が作れるだろう…。そんなことを考えながらも作業は進み、続いて畑への牛糞堆肥のすき込みを行いました。畑の半分に牛糞を蒔き、それをすき込むことで、野菜作りの源となる土を作ります。


ついに大きくなったしいたけ  大量の里芋がとれました
待ちに待った椎茸と里芋の収穫です

山積みにされた牛糞堆肥  みんなで堆肥を運びます
山積みにされた堆肥。みんなで運びます

夕食はネギや里芋を使って鍋を作りました。また里芋や菜の花、しいたけを油で揚げ、美味しくいただきました。里芋やニラ、挽肉をワンタンの皮で包んで、タンザニア料理のサモサ(に似たもの)も作りました。こちらも大変美味しかったです。


サモサ(のようなもの)に挑戦中
サモサ(のようなもの)に挑戦中

春は野菜の種まきシーズンです。春に植えた種はいつの日か芽を出し、大きく成長し、やがて私たちの食卓を彩ってくれるのです。2日目は、そんな春の季節を感じながら、みんなで思い思いの野菜を植えます。じゃがいもや長ネギ、その他たくさんの野菜を植えました。


春には新たな命を育てます
春には新たな命を育てます

また、菜園では野菜作り以外の取り組みも行っています。その一つである小さなビオトープでは、メダカが大きく育っています。また今回新たに、ヘアリーベッチと呼ばれる対雑草用のマメ科植物を植えました。それは、育つと雑草を押さえるだけでなく土に養分を与え、かつ自ら肥料になるという優れた植物なのだそうです。夏の雑草をおさえてくれることを期待しています。


小さなビオトープ、池の様子
小さなビオトープ、池の様子


このページの先頭へ戻る  トップページへ戻る




1月菜園ミーティング(1/13) 

<議題>

@2008年度予算
A今年の菜園方針
B役割分担
Cフリーマーケット参加について
Dミニニュースレター発行について
E運転者への補助
F堆肥使用について
Gワークキャンプ参加者への菜園説明

<議事録>

@2008年度予算 担当者:平山

収入
温泉チケット余剰分      2000円
イベント物品売上      50000円
フリーマーケット       10000円
参加費(100円)×80人   8000円
          収入合計70000円

支出
土地代 10000円
堆肥代 3000円
ジャガイモ苗代 3000円
アフリカ物品仕入れ(※) 10000円
レンタカー代補助 37500円
支出合計 63500円

          収支合計6500円

※アフリカ物品仕入れについて
昨年度フェスタでの物品販売において、売り上げが好調だった商品に限り、現地で仕入れを実施する。
(金子さんが5月にアンクレットとピアスの仕入れをする)


A今年の菜園方針

  昨年の反省を踏まえて今年実施していきたいことの案をいくつかあげました。

・昨年はトマトやピーマンなど、色鮮やかなものが少なかったのではないだろうか。
  →今年は夏野菜をもっと色々植えよう。
・池をどうするか。また、畑の作業後も池の作業を続けるのはどうだろうか。
  →作業の終了時間を決める。池は従来通り、畑作業の合間に行っていく。
・野菜担当を決める。
  →夏野菜の種を買う段階で担当を決め、その人が野菜について調べる。
・個人のやりたいことを発掘
  →実現のサイクルをつくる
・作業説明が必要なのではないか。
  →菜園の最初と最後に話す時間をもうける。作業説明、野菜担当、個人のやりたいこと、感想等一人一人話す。
・新規の人に連絡をする


B役割分担

会計・ニュースレターの担当:平山
菜園現地統括(作業の説明などを含む)・イベント物品管理:金子
イベント統括(メンバー管理を含む):石原
菜園での柴山さんへの連絡・菜園参加人数把握:田中

Cフリマ

三月二日に実施する。
場所は下北沢(予定)

Dミニニュースレターについて(担当:平山)

今後は菜園を行う度に感想レポートを残す。
簡単なもので写真いっぱいでよい。
年間で約8部くらいをカンガバックと共同で発行。

☆内容☆
・A4一枚以内
・期日一週間以内 →郵送あるいはPCデータとして藤沢さんに送る。
・写真をいれる

※最初はレポートを作る各人が好きなレイアウトでレターを作成。いくつか続けていくうちに、いいレイアウトが出てきたら、それをフォーマットとして毎回使えるようにしていく。

E運転者への補助

今後は運転者及びレンタカーを借りてくれた人に補助金を出すことにしました。
理由は、運転者の負担を考慮することと、みんなからのせめてもの気持ちということです。

運転者への補助金は、運転者を除いた参加者一人当たり300円とします。
なお参加費の100円は別途いままでどおり徴収します。

あと、運転手は夜はゆっくり寝させてあげましょう。
くれぐれも悪ふざけで夜運転手を起こしたりしないように!!

F堆肥

すみやさんから1杯分の堆肥をいただくこととなりました。
連絡は藤沢さんにしていただきました。

Gワークキャンプ準備会での菜園の説明


 08年ワークキャンプに参加する石原が菜園メンバーとして活動紹介を行うことになりました。

ミーティングの様子1  ミーティイングの様子2



このページの先頭へ戻る  トップページへ戻る


  
※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C)2001 タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.