ニュースレター第29号抜粋記事
第29号 トップページより抜粋(2008/1)
 
養魚池でのテラピアみずあげ



(写真左上)普段の養魚池。日中暖かい時は水面近くを泳ぐテラピアの姿を見ることができる。 (写真右上)水揚げのために池の水を抜いたところ。この後完全に干して、池を補修する。
(写真中)収穫されたテラピア。アフリカ原産だが、日本でも養殖されている。

 TEACAの活動の自立を目指して取り組んでいる収入向上事業の一つ、養魚池事業。TEACA事務所の建設にともない、それまでオリモ小学校にあった池を、事務所脇に新たに造成した。

 その新しい養魚池での、第1回目の漁獲が実施された。池で育てられているのはテラピアというアフリカ原産の魚。プランクトンや草などを食べて育つため、ランニングコストがかからないメリットがある。水温の高い低地では年に2〜3回漁獲できるが、キリマンジャロ山の高地では年1〜2回となる。

 今回捕れたのは全部で104匹。放流されたときの稚魚は大きさが5cmほどであるが、20〜25cmほどに成長している。捕れた魚は大きさ別に分けられ、その場ですぐに村人に販売される。市場で魚売りの商売をやっている女性たちもやってくる。

 「高い」、「いや、安い」、「だったらその大きいのを1匹おまけしろ!」など丁々発止のやりとりがされるが、そんなやりとりを傍らで聞いているのも面白い。商売人相手になると、さすがのTEACAのリーダーもちょっと押され気味である。しかし小さいのを除いて完売した。売り上げは9千シリング。日本人の感覚でいうと2万円くらいになるだろう。

 残った小さな魚はというと・・・。漁獲の様子をキャーキャー大騒ぎしながら見ていた少女たち。彼女たちの目が訴えている。「この魚はきっと私たちのものよ!」と。その眼差しにまたしても負けてしまうTEACAリーダー。「分かった、分かった、持ってけ、持ってけ。でもちゃんと全員に行き渡るように分けるんだゾ!」。

 少女たちの小さな手に大事そうに握られた小さな魚たち。「アサンテー!(ありがとー!)」と言い残して彼女たちは走って家に帰っていく。商売抜きだが、そんなやりとりを見ているのは、やはり悪くない。

〔No.29 その他の内容〕

 ●オピニオン 〜モッタイナイ〜

 ●〜プロジェクトの現場から〜 取り組み状況報告

 ●キリマンジャロ州モシ県 降雨 最新状況

 ●Sia lives on kilimanjaro (その1)
  〜キリマンジャロ山の森に暮らす少女の物語を紹介します〜

 ●関連ニュース・スクラップ

 



※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C)2001 タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.

その他のニュースレターへ  このページの先頭へ戻る

トップページへ戻る