ミニニュースレター第52号抜粋記事
『 Habari gani?』 第52号 より抜粋 (2011/04)

Loliondo〜Miracle cure〜

写真出典:ブログ「Dini Maishani」



 タンザニア北部、ンゴロンゴロ動物保護区のさらに北、ほとんどケニアとの国境付近まで行ったところにLoliondoという地域がある。北部の都市アルーシャから、超が付くほどの悪路を550kmも進んでいかなければならない、いわば僻地である。現在、タンザニア中から、毎日、何万という人々・何千台という車が、この場所を目指して押し寄せているそうだ。タンザニアでは、ほぼ毎日と言って良い程、この話が新聞紙面に載り、人々が話題にしている。

 ここへ来る人々の目当ては一つ。この地域に住む、元牧師のAmbilikile Mwasapileさんが処方する、ほとんどどんな病気にでも効くという薬だ。糖尿病や高血圧、ガンやエイズといった病気までも、木の根から抽出した薬をコップ一杯飲むだけで、治してしまうということなのだそうだ。そして、その薬がなんとたったの500シリング(約30円)で売られているというから驚きだ。確かに地方に行けば、どの農村にも、踊りやおまじないを元に治療をする呪術医が数多くいるし、信頼されている。

 しかし、もちろん西洋医学も浸透しているので、私の知る呪術医でさえ、「私の薬でマラリアは治せるが、エイズは治せない。そういった患者さんには大きな病院へ行ってもらっている」と話していた。エイズが簡単に治らないことはみんな知っている。
(文責: 在タンザニア、元事務局アルバイト 石原)



〔No.52 その他の内容〕

 ● 青年海外協力隊カメルーン派遣隊員  : たなかさとしの現地活動リポートE
 ● 菜園コーナー                 : 新しい試みに着手
 ● 手工芸品プロジェクト            : 現地Foyeniでの発注ミーティング
 ● ポレポレ伝言板


※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C)2001 タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.

その他のミニニュースレターへ  このページの先頭へ戻る

トップページへ戻る