ミニニュースレター第47号抜粋記事
『 Habari gani?』 第47号 より抜粋 (2010/7)

”世界遺産の国立公園”セレンゲティに横断道路?

セレンゲティ国立公園

セレンゲティ国立公園


 タンザニアが誇る世界遺産『セレンゲティ国立公園』は、タンザニア北部に位置する、東アフリカを代表する国立公園です。面積はなんと、東京、神奈川、千葉、埼玉を合計した面積よりも広い、1万4763平方キロメートル。そこに手付かずの大自然が残っているのです。

 ところが、6月21日付けの新聞The East African では、そのセレンゲティを横断する道路建設計画があると報じられました。建設費用は総額4億8千万ドル。この道路が完成すれば、周囲の人の移動や物流も容易になり、社会経済的な効果が期待できるという意見が紹介されています。
 しかし、この計画に対し、環境活動家やTANAPA(Tanzania National Park Authority)から反対の声が上がっているのは言うまでもありません。セレンゲティと言えば、何と言っても有名なのはヌーの大移動です。100万頭とも200万頭とも言われるヌーの大群が、草を求めて数百qの大移動を繰り広げ、そしてさらにそのヌーを捕らえようと、ライオンやチーターなど多くの肉食獣も、後を追いかけるようにして移動していきます。
実際に道路建設が実施されることはないと思いますが、万が一道路ができたとしたら、この自然環境に大きな変化が起こるのは間違いないでしょう。

ヌーの大移動
ヌーの大移動



   『大自然を守って欲しい。』私はそう思います。でも、実際に現地で暮らしている人々の生活はどうなるのでしょうか?また人々の居住が許されていないのが国立公園ですから、自分たちの土地を追い出された人々も周囲に大勢いるはずです。人の暮らしがあっての自然であり、自然があっての人の暮らしです。自然保護を外から声高に叫んでいるばかりでは、何も解決しないのかもしれません。
(文責: 在タンザニア、元事務局アルバイト 石原)



〔No.47 その他の内容〕

 ● 青年海外協力隊カメルーン派遣隊員  : たなかさとしの現地活動リポート
 ● 菜園コーナー                 : タンザニア経験者がたくさん参加しました!
 ● ポレポレらくがきクラブ           : 3年目の第1歩!
 ● 手工芸品プロジェクト            : 桜まつりイベント報告!
 ● Habari mbali mbali             : 元アルバイト・石塚美希の世界一周新婚旅行記C
 
 

※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C)2001 タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.

その他のミニニュースレターへ  このページの先頭へ戻る

トップページへ戻る