TANZANIA POLE POLE CLUB
CONTENTS
HOME
タンザニア・ポレポレクラブって?
海外活動
あなたにできる国際協力(国内活動)
国内グループ活動
事務局ボランティア/アルバイト
植林ワークキャンプ
国際協力イベント
収集活動
寄付をする
会員になる
企業の皆様へ
(社会貢献活動のご提案)
ニュースレター
抜粋記事
今後の活動予定
ワークキャンプ
みんなの広場
(掲示板)
リンク

●コーヒー農家支援

   世界的に知られているあの「キリマンジャロコーヒー」を生産しているのは、タンザニア・ポレポレクラブの活動地であるキリマンジャロ山麓に住むチャガの人々です。彼らの多くは、家の周りにある小さな畑で、コーヒーを栽培することで生計を立ててきました。しかし世界的なコーヒー価格の低迷などから、いまや多くの村人たちが、コーヒー農家をやめざるを得ない状況に追い込まれています。

そんな中、キリマンジャロ山麓にあるテマ村では、“KIWAKABO”というコーヒー生産農家のグループが、有機肥料と自然農薬を使用して、高品質コーヒーを栽培することに生き残りをかけて立ち上がりました。

私たちは日本のイベントなどで“キリマンジャロコーヒー”を販売することで、そんな彼らの活動を支援しています。お出ししているコーヒーも、いくつかの制約を乗り越えながら、一歩一歩彼らと直接つながったものへと切り替えてきました(下記)。イベントなどで飲まれた方は気付かれましたでしょうか?


 第1段階(1999年〜) 現地で販売されているキリマンジャロコーヒー豆
               をそのまま使用
 第2段階(2002年〜) テマ村産コーヒー豆 + 市販のフェアトレードキリ
              マンジャロコーヒーのブレンド
 第3段階(2004年〜) 100% KIWAKABO産コーヒー生豆使用開始

私たちは価格低迷以前の、高品質生豆生産者価格をベースにKIWAKABO産コーヒー生豆を買い取ることで彼らに協力していますが、同時に販売による利益はプールされ、KIWAKABOへの新品種コーヒー苗木の導入支援や、その栽培技術獲得のための研修費用などに役立てています。


   
コーヒーの価格がなぜ下がっているかを説明しているポップ
コーヒーの価格がなぜ下がっているかを説明しているポップ
支援された新品種コーヒー苗木が育ちつつある
  支援された新品種コーヒー苗木が育ちつつある



●コーヒー農家支援「過去」の取り組み状況


このページの先頭へ   トップページへ戻る


ポレポレクラブロゴ
タンザニア・ポレポレクラブ
(事務局) 〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-28-15
           サンライトハイツ301
TEL/FAX: 03−3439−4847
E-mail : pole2club@hotmail.com
(本 部) 〒107-0062 東京都港区南青山6-1-32-103


トップページへ戻る

※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C)2001 タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.