2011年 手工芸品(カンガバッグ)活動履歴


 ●2011年   9月 「国際協力イベント『グローバルフェスタ』出展へむけて」
           7月 「ワークショップの準備&練習開始」
          6月 「チャリティイベント"大地への鎮魂"内容決定」
          5月 「新商品が一歩改善!」
          4月 「チャリティーイベントに向けて」
          3月 「現地のママ達へ新商品を発注」
          2月 「新商品作りがいよいよ始動!」
          1月 「今年度の手工芸品活動方針」
   


9月10日(土) ミーティング議事録 

「国際協力イベント『グローバルフェスタ』出展へむけて」



出席者:櫛下町さん、末永さん、はっしー、川村

今回の打ち合わせでは、開催間近に迫った国際協力イベント「グローバルフェスタ2011」への出展準備を打ち合わせました。
また、藤沢さんがタンザニアのママさんグループと行ったミーティングを受けての話し合いも持ちました。
打ち合わせで決まった内容は、以下の通りです。

ミ^ティングの様子
▲ミーティングの様子
 

【グローバルフェスタ出展】

10月1日(土)、2日(日)10:00〜17:00
場所:日比谷公園
1日出席:末永さん、川村(荷物運搬)
2日出席:櫛下町さん、はっしー、川村

展示商品:カンガバッグ(厚地)20枚、カンガバッグ(薄地)10枚、カンガスカート5枚、子ども用シャツ7枚
集合時間、場所:9:00(仮決定)、ブースG−17


【アフリカンフェスタ出展】

(※まだ確定ではない、現在主催者側で検討中)
11月12日(土)、13日(日)
場所:山下公園
〜もし開催が決定したら、カンガ隊としては参加の予定


【タンザニアのママさんグループ「Foyeniグループ」とのミーティング】

藤沢さんが先月タンザニアでミーティングをしてきてくれました。
以下が、そのミーティングでの記録とそれを受けての話し合いです。
■Foyeni女性グループへの発注■
・カンガバッグ60枚(厚地)
・子ども用シャツ10枚(大5、小5)
〜ボタンホールは、老眼の問題もあり、細かい作業が難しい。
〜レポートは8月末に送れと書いてあった(?)ため、これから送る、とのこと。
(手紙には6月末にカンガバッグと一緒に送ってくれと書きましたが、いろいろ書いたので混乱したかも・・・)

■発注以外に、以下の要請あり。■
※「Foyeniグループ」でミーティング&作業をしている建物の床を、平らにしてコンクリートを打つ工事
-見積り-
・セメント10袋:@15,000*10=150,000シリング
・砂2ローリー:@50,000*2=100,000シリング
・ローリーレンタル2台@170,000*2=340,000シリング
・職人:計100,000シリング
合計690,000シリング(約35,000円※現在のレート)

■要請への対応■
・工事はやる方向で考えている、と手紙に書く。(全額出すかどうかは今後検討する)
・これをきっかけにして、今後コミュニケーション強化を図りたい、と伝える。
・日本から発注するだけの一方通行だけでなく、ママたちの考えをできるだけ吸い上げられるように、徐々に持っていく。
・そのために、少ない内容でもこまめに手紙を書く、skypeを利用して連絡を取り合うことも検討。
・手紙の内容(今回は11月末発送をめどに)
 ●工事費を出す方向で話し合っています。これはカンガバッグの売上です。
 ●照明はいらないですか。
 ●コミュニケーションを取りたいので、Foyeniの中で、英語がわかり、Eメールを使える人を探してください。
 ●手紙には必ず返事をください。手紙はメンバーみんなで見てください。


【次回ミーティング】

10月22日(土)
場所:横浜、象の鼻パーク
集合時間:12:00
集合場所:みなとみらい線、日本大通駅、改札口前


★手工芸品ミーティングには、興味のある方ならどなたでも参加できます。参加したい方は、事務局までお気軽にご連絡下さい。こんな手工芸品があったらいいな、あんなデザインはどうだろう?みなさんの新鮮なアイデアをお待ちしています!  →E-mail : pole2club@hotmail.com


手工芸品活動の最新報告   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る


7月9日(土) ミーティング議事録 

「ワークショップの準備&練習開始」



出席: 川村、櫛下町、橋本、末永

●チャリティーイベントのワークショップ準備

 私たち手工芸品活動チームは、8月21日に神奈川公会堂で開催される震災チャリティーイベント「大地の鎮魂」でワークショップを実施します。

 前回のミーティングで具体的にその内容が決定され、
(1)カンガの余り布とウッドビーズで作るチョーカー作り
(2)カンガの色々な着方を体験
をすることになり、希望者には写真撮影もすることとなりました。

 そこで、今回のミーティングでは、そのワークショップの練習を実施しました。

 まずは、細い筒状に袋縫いしたカンガにウッドビーズを詰めて結び目を作っていきました。
初めての作業で色々な発見があり、イベント当日に私たちが来場者に作り方を教えていくことを考えると、思っていた以上の難しさを痛感しました。

できあがったチョーカー
▲カンガという大きな布を細く切り出している様子
 

 そうこうしているうちに、可愛いカンガ・チョーカーが出来上がりました(写真を参照)。


できあがったチョーカー
▲できあがったチョーカー
 

 これから、イベント当日のために、50本のカンガ袋縫いを手分けして作らねばなりません。

 また当日はメンバーそれぞれがカンガを体に巻くような形で着用ますので、その練習もしました。こちらの出来映えに関しましては、当日までのお楽しみです。ご興味のある方は、是非私たちのブースにお越し下さい。楽しみにお待ちしております。

●カンガ商品の発注

 2月にFoyeni村のママたち(カンガ製品を製作し提供してくれる、私たちの共同活動者たち)に対して、今年分のカンガバッグと子供シャツを発注しました。予定では6月末に届くことになってましたが、実はまだ届いていません。取りあえず、メンバーの一人が会計ノートと一緒に手紙を送るので、その返事を待つことにします。

 また今回は、来年納品してもらう分のバッグやその他の発注内容も検討しました。7月下旬に事務局員がTema村(Foyeniの隣村)に行きますので、発注内容のメモとお金を渡してもらうことになっています。今回の発注内容はバッグ40枚と子どもシャツ10枚です。

●次回ミーティング
・日時:8/6(土) 11:00〜
・場所:タンザニア・ポレポレクラブ事務所 (住所:世田谷区弦巻1-28-15 サンライトハイツ301)
・内容:ワークショップの直前準備及び練習など

★手工芸品ミーティングには、興味のある方ならどなたでも参加できます。参加したい方は、事務局までお気軽にご連絡下さい。こんな手工芸品があったらいいな、あんなデザインはどうだろう?みなさんの新鮮なアイデアをお待ちしています!

 →E-mail : pole2club@hotmail.com


手工芸品活動の最新報告   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る


6月11日(土) ミーティング議事録 

「チャリティイベント"大地への鎮魂"内容決定」



出席: 川村、橋本、末永
今回のミーティングでは、8月21日にカンガ・チームが参加する神奈川公会堂での震災チャリティーイベント「大地への鎮魂」で行うワークショップの内容を検討しました。

ワークショップの内容検討中
▲ワークショップの内容検討中
 
話し合いの結果、カンガの布を使ったモノ作りワークショップとして、
(1)カンガの余り布とウッドビーズで作るチョーカー作り
(2)カンガの色々な着方を体験
をすることになり、希望者には写真撮影もすることにしました。

MTG風景
▲ミーティングの風景

またこの日は、カンガミーティング初参加の大学生末永さんがイベントに協力してくれることになり、さらにイベントお手伝いのボランティアを学校で募ってくれることになりました。

末永さん
▲期待の新星あらわる

チョーカー作りワークショップの集客目標を50人と定め、ウッドビーズ500個を橋本さんがこれから購入してくれることになりました。
またチョーカーに使うカンガを皆でセレクトしたので、それらを袋縫いにしたものを50本、橋本さんと川村さんで手分けして作ってくれます。

カンガ決定!
▲カンガ決定!


●次回ミーティング
・日時:7/9(土) 11:00〜
・場所:タンザニア・ポレポレクラブ事務所 (住所:世田谷区弦巻1-28-15 サンライトハイツ301)
・内容:@Foyeni女性グループからの新着カンガバック・子供シャツの検品、
     値付け作業
    A次回のバッグの発注について検討


★手工芸品ミーティングには、興味のある方ならどなたでも参加できます。参加したい方は、事務局までお気軽にご連絡下さい。こんな手工芸品があったらいいな、あんなデザインはどうだろう?みなさんの新鮮なアイデアをお待ちしています!

 →E-mail : pole2club@hotmail.com


手工芸品活動の最新報告   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る


5月14日(土) ミーティング議事録 

「新商品が一歩改善!」



出席: 川村、櫛下町、梶
今回のミーティングで行ったことは下記の通りです。
@ HAYA-HAYへ入れ替え商品を送付
A カンガを使ったポーチやショルダーバックについての改善点について
B 震災チャリティーイベント「大地への鎮魂」への参加を検討


@手作りの雑貨やフェアトレード製品を扱っているお店『HAYA-HAY(ハヤハイ)』にて、カンガバックやスカート、小物を置かせて頂いていますが、陳列している商品の入れ替えをすることに決定しました。
 入れ替えを行う商品は、以下の通りです。

   1. カンガバッグ 10枚
   2. 裏地付きカンガバッグ(大) 1枚
   3. カンガスカート 3枚
   4. キテンゲスカート 1枚
   5. カンガ(ダブル) 1枚
   6. キテンゲ 3枚(トリプル)
   7. キテンゲ 2枚(ダブル)

 今まで置いていた商品は、主にカンガバックでしたが、カンガやキテンゲなどの生地そのものも置く予定です。タンザニアの女性のように、腰や頭に巻いたり、生地を使って洋服や小物を作るのにも使えます。ご興味のある方は、是非HAYA-HAYに足を運んで見て下さい。

A昨年カンガを使った新商品としてポーチやショルダーバックを試作品として現地のママ達へ作ってもらいました。現地のママ達にも作りやすく、また、商品としてのしっかりとした品質にするため、再度試作品を作ってみることにしました。
 改善点は、手工芸品作りに詳しい他のメンバーから意見をもらい参考としました。具体的には、ポーチの中地を「まつり縫い」にしたり、ショルダーバックの取り付ける紐の位置を変更するなどです。

新商品の相談中      震災チャリティー
       ▲新商品の改善点について検討中     ▲震災チャリティーについて話している様子


BHAYA-HAYが主催している震災チャリティイベント「大地への鎮魂」へ参加することに決定しました。
 当日は、インド舞踊の舞踏会の前に、他の団体と共にワークショップを行う予定です。ワークショップの詳しい内容が決定次第、「今後の活動予定」に掲載いたします
 ★今後の活動予定は→こちら


●次回ミーティング
・日時:6/11(土) 11:00〜
・場所:タンザニア・ポレポレクラブ事務所 (住所:世田谷区弦巻1-28-15 サンライトハイツ301)
・内容:カンガを使ったポーチやショルダーバックの再試作品の検討
    震災チャリティイベント「大地への鎮魂」の役割確認
    商品入れ替えに伴い、カンガを使った商品の在庫品データ確認


★手工芸品ミーティングには、興味のある方ならどなたでも参加できます。参加したい方は、事務局までお気軽にご連絡下さい。こんな手工芸品があったらいいな、あんなデザインはどうだろう?みなさんの新鮮なアイデアをお待ちしています!

 →E-mail : pole2club@hotmail.com


手工芸品活動の最新報告   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る


4月9日(土) ミーティング議事録 

「チャリティーイベントに向けて」



出席: 櫛下町、只野、梶
今回のミーティングで行ったことは下記の通りです。
@ 新商品として製作した子ども用巻きスカートの発表
A 東日本大震災復興支援チャリティーイベントに向けて出品する商品の確認
B 現地でのFoyeni女性グループメンバーとの打ち合わせについての報告
C 現地で仕入れた手工芸品から新商品を考える

@手工芸品メンバーの一人がカンガを使った新商品として子ども用の巻きスカートを製作したため、他のメンバーにお披露目しました。
 現地Foyeniのママたちに発注した子ども用のシャツに続いて、子ども服の第2段が出来上がりました。この巻きスカートは2〜3歳用の短めのスカートです。しかも、巻きスカートだけでなく、スカートがピッタリ収まるサイズのバックもついています!このバックはスカートと同じカンガを使っているため、セット売りとして早速、東日本大震災復興支援チャリティーイベントに出品することとしました!

Aポレポレの事務所のある桜新町の大通りで開催されている「さくらまつり」ですが、今年は東日本大震災の復興支援と応援の思いを込め、東日本大震災復興支援チャリティーイベントという名に変更して開催されることになりました。
 手工芸品チームも、タンザニアの揚げパン"マンダジ"を作り、売上金を日本赤十字社を通じ、義援金として被災地へ寄付にすることとしました。
 もちろん現地のママ達が作ったカンガバックやスカートも出品するため、イベント用の商品を選ぶと共に、在庫品の確認を行いました。

▲現地で仕入れたバックを見て新商品について話している様子


B3月初旬から事務局メンバーが現地渡調査に入り、Foyeni女性グループメンバーの活動の場を訪れました。
 現在のタンザニアの物価が上がっているため、カンガやキテンゲの布代などの市場調査を事前に行い、前回の手工芸品ミーティングで作成したの手紙を元にミーティングを行いました。発注価格をは一部、市場価格に合わせて調整したため、 Foyeniグループに提示した価格やミーティング内容についての報告を行いました。

C今後の新商品開発に向けて、現地で仕入れたバックなどの手工芸品をチェックしました。
 改良を加えれば、新商品ととしてだせそうなものや、現在考案中の化粧品ポーチなどの参考になるものをメンバー内で確認し、意見を出し合いました。
 後日、他のメンバーにも見せ、新商品のアイデアをどんどん出していこうと思います!


●次回ミーティング
・日時:5/14(土) 11:00〜
・場所:タンザニア・ポレポレクラブ事務所 (住所:世田谷区弦巻1-28-15 サンライトハイツ301)
・内容:東日本大震災復興支援チャリティーイベントの売上報告
    会計処理の引き継ぎ作業
    カンガを使った商品の在庫品のデータ入力


★手工芸品ミーティングには、興味のある方ならどなたでも参加できます。参加したい方は、事務局までお気軽にご連絡下さい。こんな手工芸品があったらいいな、あんなデザインはどうだろう?みなさんの新鮮なアイデアをお待ちしています!

 →E-mail : pole2club@hotmail.com


手工芸品活動の最新報告   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る


3月13日(日) 現地Foyeni女性グループとの打ち合わせ 

「現地のママ達へ新商品を発注」



事務局メンバーが、3月の渡航中にキリマンジャロ山麓のテマ村のサブビレッジの一つFoyeni(スワヒリ語でホヤさんが住んでいる地区という意味)を訪れました。現地プログラム推進事業を進めるために、Foyeniを訪れましたが、日本国内で行っている手工芸品活動グループからのカンガバックの発注書を渡すため、Foyeni女性グループのママ達と発注ミーティングを行いました。
現地での行った内容を以下の通りお伝えします!

@現地タンザニアでの市場調査
AFoyeni女性グループとの発注ミーティング
B今後の予定


@前回のミーティングにて、今後はインド産カンガからタンザニア産カンガを使い、カンガバックを作ってもらうことや、キテンゲを使った子ども用のシャツを発注することに決定しました。最近は、タンザニア国内でカンガの価格が上がっているという情報が入ったため、現地の仕入れ価格を元に、見積をするために市場調査を行いまいした。
現地で仕入れ価格を確認したものについては、以下の通りです。
タンザニア産カンガ、(参考として)インド産カンガ、ボタン、接着芯、タンザニアから日本への送料。
苦労したのが、接着芯。スワヒリ語で呼び名が分からなかったため、実物を持っていったのですが、服の仕立屋にいっても使っていないためか値段が分からないのです。何軒も歩き回ってようやく値段も判明し、スワヒリ語で"Stifu"という言葉も判明しました。

▲Foeyeni女性グループとの発注ミーティングの様子


AFoyeni女性グループとのミーティングでは、2ヶ月に1回交換している会計簿や作業状況を撮るためのフィルム、カンガバック専用のFoyeniのオリジナルタグなどを渡しました。
バックとシャツの納期については、「Sawa=分かった」というママ達の回答を頂き、発注量が前回より多いため少々心配でしたが、一安心しました。
手工芸品活動に参加するようになってから、ママ達とは初ミーティングということもあり、少々緊張しましたが、事務局リーダーに助けてもらい無事会議を終えることができました。スケジュールの関係上、彼女達の実際の作業状況を見ることができなかったのが、少し残念です。
今度は、手工芸品メンバーとしてタンザニアを訪れ、Foyeniグループメンバー全員と交流をし、ミシンの技術の向上や、彼女たちの意見をゆっくりと聞きたいものです!そのためには、まずはスワヒリ語の上達が必須ですかね・・・。今年の目標の一つにして頑張りたいと思います!

B今回発注したバックと子ども用のシャツは、6月末までに送ってもらえる予定です。グローバルフェスタのイベント時に、無事に新着のバックとシャツが並ぶと良いですね。皆さんも楽しみにしていて下さい!


●次回ミーティング
・日時:4/9(土) 11:00〜
・場所:タンザニア・ポレポレクラブ事務所 (住所:世田谷区弦巻1-28-15 サンライトハイツ301)
・内容:東日本大震災復興支援チャリティーイベントへ向けの出展する商品の確認
     新商品の価格や更なる商品化について考える
     現地でのFoyeni女性グループメンバーとの打ち合わせについての報告
    

★手工芸品ミーティングには、興味のある方ならどなたでも参加できます。参加したい方は、事務局までお気軽にご連絡下さい。こんな手工芸品があったらいいな、あんなデザインはどうだろう?みなさんの新鮮なアイデアをお待ちしています!

 →E-mail : pole2club@hotmail.com


手工芸品活動の最新報告   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る


2月19日(土) ミーティング議事録 

「新商品作りがいよいよ始動!」



出席: 川村、櫛下町、橋本、梶
今回のミーティングで行ったことは下記の通りです。
@ HAYA-HAYでのレンタルスペース制への変更月を決定
A カンガバックや子どもシャツを発注
B Foyeni女性グループに書いてもらう作業内容レポートを見直し
C 現地渡航に合わせての市場調査を依頼


@『HAYA-HAY(ハヤハイ)』でのレンタルスペース制へ変更する月を今年の3月〜10月の8ヶ月間契約で開始することに決定しました。
以前は、委託契約でカンガバックのみを扱って頂いてましたが、3月からはカンガやキテンゲを使った小物類も併せて陳列してもらいます。
今後も新商品を開発していく予定ですので、商品化した際にはお店に並ぶこととなる予定です!皆さま、お楽しみにしていて下さい!!!

A今後のイベントや、委託、レンタル制度用に発注を行いました。発注したのは、カンガバックと今回の発注で新商品となる、キテンゲを使った子どもシャツの発注もすることにしました。
子どもシャツは、皆さまからの「こんなものを作って欲しい」という声でも挙がっていた商品の一つでもあります!
カンガバックやスカートを手にとって、「是非こんなものも、作って欲しい」と感じた方は、メールでも結構ですので、ご意見を聞かせて下さい!

▲Foyeniへの発注書と手紙を書いている様子


B現地のママ達に活動内容を書いてもらっている作業内容レポートの見直しをしました。「いつ・誰が・どんな作業をしていたのか」をしっかりと把握できるように、写真の裏に作業内容レポートを書いてもらうことで、変更する予定です。

C3月初旬からの現地渡航に合わせて、現在のタンザニア産のカンガやキテンゲの布代などの市場調査を事務局のメンバーにお願いをしました。
現在のカンガバックを厚手のタンザニア産の生地で、やってみようという意見が手工芸品メンバーから出たためです。
今回発注したカンガバックにも、厚手の生地での発注としました。タンザニア産のものは、柄も色もはっきりとしていて、艶やかですので、新商品のだけでなくカンガバックについても今後チェックしてみてください!


●次回ミーティング
・日時:3/19(土) 11:00〜
・場所:タンザニア・ポレポレクラブ事務所 (住所:世田谷区弦巻1-28-15 サンライトハイツ301)
・内容:新商品の価格や更なる商品化について考える
    現地渡航でのFoyeniメンバーとの小会議についての報告
    桜まつりイベントへ向けての確認


★手工芸品ミーティングには、興味のある方ならどなたでも参加できます。参加したい方は、事務局までお気軽にご連絡下さい。こんな手工芸品があったらいいな、あんなデザインはどうだろう?みなさんの新鮮なアイデアをお待ちしています!

 →E-mail : pole2club@hotmail.com


手工芸品活動の最新報告   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る


1月29日(土) ミーティング議事録 

「今年度の手工芸品活動方針」



出席: 川村、櫛下町、橋本、梶
今回のミーティングで行ったことは下記の通りです。
@ カンガを使った商品の在庫リストの作成
A カンガを使った商品の値札付け作業を行う
B 委託やレンタルスペース制の契約時期について
C 今後のカンガ活動について


@現在所有しているカンガを使ったバック・スカート・小物類の在庫が把握できるようなリストを作成しました。
色や柄、カンガのことわざの有無など取り扱っている商品の中で、どの商品が売れたのかがメンバー全員が把握できるように、商品の一つひとつの値札に管理番号をつけました。また、各商品の写真も撮りました。
これで今後、レンタルスペース制や委託契約を行った際にも、どの商品がどれだけ売れたのかという、売れ行きの傾向もメンバー全員が把握できる体制にする予定です!

Aイベント時のみに出品している、キテンゲ(布)を使ったワンピース、ペンケースなどの小物類の商品などにも、バックやスカートと同じ値札を付ける作業を行いました。また、小物類にも今後は商品番号をふり、在庫リストにアップしていく予定です。

▲商品に管理番号を振っている様子


B11月から12月の2ヶ月間の間、エスニックアイテムを扱うお店『HAYA-HAY(ハヤハイ)』でカンガバックを委託契約にて取り扱って頂いていましたが、今後はレンタルスペース制の契約に切り替えることにしました。
レンタルスペースに切り替えることで、もっと人目につく場所に商品を置くことができ、また、今回のミーティングで在庫整理を行った小物類も併せて商品としてお店に置くことに決定しました。

C今後のカンガ活動はメンバーの全員が、活動状況が分かりやすい体制を整えていこうという話になりました。
誰でも一連の活動について進行ができるような体制作りに励んでいきたいと思います!
次回ミーティング時にもその議題を含め、発注作業や会計についての業務全般をメンバー全員で把握できるようにしていきたいと思います!


●次回ミーティング
・日時:2/29(土) 14:00〜
・場所:タンザニア・ポレポレクラブ事務所 (住所:世田谷区弦巻1-28-15 サンライトハイツ301)
・内容:カンガバックやスカートの在庫品リスト作成
    手工芸品の会計等の業務分担作業について検討
    3月の現地渡航に合わせての発注作業
    HAYA-HAYのレンタルスペースの切り替え手続きについて


★手工芸品ミーティングには、興味のある方ならどなたでも参加できます。参加したい方は、事務局までお気軽にご連絡下さい。こんな手工芸品があったらいいな、あんなデザインはどうだろう?みなさんの新鮮なアイデアをお待ちしています!

 →E-mail : pole2club@hotmail.com


手工芸品活動の最新報告   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る

2010年報告  2009年報告  2008年報告  2007年報告  2006年報告  2005年報告
※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C)2007 タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.