海外活動


1.環境保全活動

2.活動の自立支援

3.生活向上・改善

4.その他



環境保全活動(植林活動)

タンザニアでは増え続ける人口とそれにともなう薪炭材需要の増大、農地確保のための開墾、放牧地とするための火入れ、貧困にともなう違法な木材の切り出しなどによって毎年約40万haの森林が失われています。

当会の活動地であるキリマンジャロ山(世界自然遺産)でもこの100年に約3割の森林が失われ、これと歩調をあわせるように降雨も3割が失われました。そして現在もその減少傾向に歯止めがかかっていません。

森を失った尾根は広大な裸地となり、そうした場所では人々は遠く離れた原生林まで行かなければ生活の維持に必要なニーズを満たせなくなっています。

こうしたキリマンジャロ山で進む環境の荒廃を防ぎ、人々の生活を守っていくためには、これ以上の森林破壊を食い止め、さらには増やしていくための「仕組み」と「体制」、「実践活動」が求められています。そのためには山麓住民との連携、協力がもっとも重要であると当会は考えています。それはキリマンジャロ山の森林保護の歴史は、山に暮らす村人たちこそ最大の森林の保護者であり続けたことを示しているからであり、その一方で森が生活の一部である彼らは、それゆえ森林減少の影響をもっとも受け、森林減少への危機感をもっとも抱いているからです。

そこで当会はキリマンジャロ山を活動拠点とするローカルNGOおよび山麓住民と協力して、山麓を広範にカバーすることのできる息の長い、持続的な森林保全活動の確立を目指した活動に取り組んでいます。そして設立以来20年以上にわたって、彼らとキリマンジャロ山の裸地化した尾根で森林回復のための植林に取り組んでいます。山麓で協力している村は40村、これまでに植えた苗木は約50万本になりました。活動初期に植えた苗木はすでに樹高15mを超え、かつての裸地に涼しげな木陰を落としています。

植林に取り組む村人たち その後の状況
(写真左) キリマンジャロ山の裸地化した山肌で植林に取り組む村人たち、  (写真右) 同じ場所のその後の状況




●地域主導による森林保全・管理枠組構築(人と自然の共存を−キリマンジャロ国立公園の拡大問題と当会の取り組み)

キリマンジャロ山では2005年、自然(森)と人を分離するため、山麓住民が利用してきた生活の森(※)が国立公園に取り込まれました。この措置は、キリマンジャロ山に長く暮らしてきた山麓住民の生活を破壊しただけでなく、彼らの生命をも脅かしています。さらに自然と人の分離による「要塞型自然保全」は、過去のキリマンジャロ山の森林管理政策がたどってきた負の結果(森林減少)をまったく顧みない、非合理的で不公正なものとなっています。

当会は国立公園拡大がキリマンジャロ山の自然と人々にもたらしている問題の解決に向けて、森林に沿う40村と協力し、バッファゾーンの森を地域住民のイニシャティブで守っていくための新たな森林保全・管理の制度、枠組みの構築に取り組んでいます。

 (※) 原生林と村落エリアの間にあったバッファゾーン(緩衝帯)の森。“Half-mile forest strip”と呼ばれ、日本の里山の森にあたる。

 国立公園拡大問題の詳細 「消えた住民たちの森−キリマンジャロ山の国立公園拡大問題と、当会の取り組み」 → こちら




このページの先頭へ  トップページへ戻る



活動の自立支援

どんな支援や協力も、未来永劫を約束できるものではありません。その地に住み、暮らしている人々が限りある外部からの支援に頼ることなく、たとえ規模は小さくとも、自分たちの取り組みに持続的に取り組んでいけるようになることが大切です。そしてそうした活動が広くその地域、国全体に広がっていくことが大切だと考えています。そこで当会は、環境保全活動に養蜂や養鶏、グループ貯蓄などのマイクロインカムプロジェクトやグループ基盤強化プロジェクトを組み合わせることで、彼らの活動の自立を支援しています。


●養蜂プロジェクト

改良養蜂箱 収穫されたハチミツ
(写真左) 植林地に設置された改良養蜂箱、   (写真右) 収穫されたハチミツ


植林している木の中には、育つと良い蜜を出す"蜜源樹"(Croton Megalocarpus等)が含まれています。現地でハチミツは薬としても用いられる貴重品で根強い需要があるうえ、高価格で取引されています。植林によって森が豊かになればなるほど、養蜂は村人たちに良い収入をもたらしてくれるようになります。また材として売るための伐採が森林減少の大きな要因の一つになっていますが、養蜂は木を切って収入を得るのではなく、木を植えることで収入に結びつけていくことのできる、一石二鳥の取り組みともいえます。




このページの先頭へ  トップページへ戻る



生活向上・改善

環境を守る活動と人々の生活は、車の両輪ともいえる密接不可分の関係にあります。植えた木が育ち成果が現れるまでに早くても10年。そんな息の長い活動に村人たちが持続して取り組んでいくためには、それに取り組む彼ら自身の生活余力を少しでも生み出していくことが重要な鍵となってきます。そこで当会は、コーヒー農家支援、改良カマド普及、裁縫教室など、村の産業基盤の強化や村人たちの生活の改善・向上に向けた取り組みに同時に取り組んでいます。


●コーヒー農家支援

研修の様子 キリマンジャロコーヒー新品種
(写真左) コーヒー農家への接ぎ木研修の様子、   (写真右) 畑に植えれられたキリマンジャロコーヒーの新品種


キリマンジャロ山といえば、世界的に有名なあのキリマンジャロコーヒーの産出地です。そして植林に取り組んでいる多くの村人たちは、そのコーヒーの栽培農家でもあります。ところがコーヒーは2000年代初頭の価格の暴落や、元来病害虫に弱いことから、多くの者が栽培を放棄してしまいました。しかしそれに代わる収入源を確保することは容易ではありません。そこで当会は、高品質、高価格のコーヒーを生産できるよう、病害虫に強い新品種の村への普及を図っています。また生産農家グループの組織強化をとおして村の産業の立て直しに取り組んでいます。




このページの先頭へ  トップページへ戻る



その他

タンザニア・ポレポレクラブはキリマンジャロ山麓の村々の社会基盤強化及び地域住民・グループの能力開発(Capacity building)等を目的として、道路・診療所等の補修・資材支援、域内交流や研修支援等を行っています。

伝統水路復旧支援 スタディツアーの様子
(写真左) 伝統水路復旧支援、   (写真右) 地域の伝統に学ぶ国内スタディツアーの模様




ポレポレクラブロゴ
タンザニア・ポレポレクラブ
(事務局) 〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-28-15
           サンライトハイツ301
TEL/FAX: 03−3439−4847
E-mail : pole2club@hotmail.com
(本 部) 〒107-0062 東京都港区南青山6-1-32-103


このページの先頭へ  トップページへ戻る


※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C)2001 タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.