自立支援事業の取り組み状況


 ●2020年
   7月  裁縫教室が再開されました
   5月  裁縫教室再開に向けて一歩前進?
   4月  裁縫教室、コロナウィルスの影響で再開できず
   3月  裁縫教室の卒業生を訪ねました!
   1月  裁縫教室、寄宿舎建設に向けて


2019年分2018年分2017年分2016年分2015年分2014年分2013年分2012年分2011年分2010年分2009年分2008年分2007年分2006年分2005年分

2019年分はこちら


■裁縫教室が再開されました('20/7)■


授業が再開されたTEACAの裁縫教室

授業が再開されたTEACAの裁縫教室


タンザニアではコロナウィルスの影響で全教育機関が閉鎖されていましたが、6月初旬に大学と中学校が再開され、6月29日には最後まで残っていた小学校が再開されました。学校では手洗い、マスク着用が指導されていますが、ブログにも書きましたが、現場ではあまり徹底されていない状況です。

ブログ「タンザニアで小学校再開」 → こちら


当会のカウンターパートTEACAの運営する裁縫教室も6月に再開することを決め、親元に帰っていた生徒を呼び戻し始めました。現在の生徒は1、2年生合わせて14名ですが、まだ3名が戻ってきていません。閉鎖期間が長かったため、この3名が戻ってくるか心配しています。

一方、7月から本格工事に着手予定だった寄宿舎建設は土地の造成まで完了し、これから基礎部分に敷き詰める石の搬入、レンガ、砂利、砂、材木の手配と進む予定です。ただコロナ禍の影響で、本格着工はまだ難しい状況で、9月以降までずれ込む見込みです。

裁縫教室の授業も遅れをどう取り戻すかまだ目処が立っておらず、再開されたとはいえ、まだまだ厳しい状況が続きそうです。


******************************************************

「裁縫教室」 に通う少女たちをぜひご支援ください。 7,500円で1人の少女が1年間学ぶことができます(1口100円からご支援いただけます)

 ・郵便振替ご利用の場合
  → 郵便振替口座番号: 00150−7−77254
    加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ
  ※ 郵便振替の場合は、備考欄に「裁縫教室支援」とご記入ください。

 ・ネットでのご寄付 → こちら

******************************************************



  このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



■裁縫教室再開に向けて一歩前進?('20/5)■


TEACA裁縫教室で設備のチェックをするTEACAリーダーと先生方

TEACA裁縫教室で設備のチェックをするTEACAリーダーと先生方


タンザニアでは3月16日に初のコロナウィルス感染者が確認されると同時に、全土の教育機関が閉鎖されました。

これまでいつ再開されるか明示されていなかったのですが、今月初めに教育科学技術職業訓練省(以下教育省)のイレレ大臣は「小中学校の再開は9月になる。その他の学校についてはこれらが再開された後になる」と発表していました。

しかしこのたびマグフリ大統領は「国内すべての大学および中学校の最終学年を6月1日から再開する」と発表しました。またその他の教育機関については「再開されるこれら学校の状況を見る」としています。

どうも当初の教育省の発表とは時期や内容が異なってきていますが、大統領決定がすべてですから、発表内容通り6月1日から大学と中学最終学年は再開されることになるでしょう。

今回の大統領発表を見る限り、TEACAの裁縫教室(政府の職業訓練校であるVETAの認定校)はまだ再開できそうもありません。少なくともVETAが大統領発表を受けて、とくに最終学年の再開をどう判断するかを見守る必要があります。

また再開されたにしても、生徒が戻ってくるかという問題があります。誰しも感染への懸念を抱くでしょうし、無理のないことです。

いずれにしろVETAの動きを見つつ、カウンターパートのTEACAと話し合いながら再開に備えていくつもりです。


******************************************************

●当会がキリマンジャロ山で取り組んでいる 「植林」「改良カマド普及」
 「診療所支援」「裁縫教室」「養蜂プロジェクト」
を1口100円から
 インターネット寄付で支援できます! → こちら



●「会員」募集中!
タンザニア・ポレポレクラブは会員として当会の活動を応援していただける方を募集しております。キリマンジャロ山での当会の取り組みへのご理解を賜り、ぜひ多くの皆さまに会員として応援いただけけますよう、宜しくお願い申し上げます!

 ・ネットでのご入会 → こちら
 ・郵便振替ご利用の場合
  → 郵便振替口座番号: 00150−7−77254
    加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ
  ※ 郵便振替の場合は、備考欄に「会費」とご記入ください。

******************************************************



  このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



■裁縫教室、コロナウィルスの影響で再開できず('20/4)■


早く生徒たちが戻ってこれますように!

早く生徒たちが戻ってこれますように!

タンザニアでは3月17日に新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、1カ月間、全土の教育機関の閉鎖命令が出されました。しかしその後の感染拡大を受け(4月20日現在累計感染者数254名)、政府はこの措置のさらなる延長を決定しました。同時に4月26日のタンガニーカ・ザンジバル連合記念日、 5月1日のメーデーに予定されていた式典の中止も発表されました。

これにより政府公認校である現地カウンターパートTEACA(Tanzania Environmental Action Association)の裁縫教室も、当初4月20日の再開を予定していましたが、閉鎖延長のやむなきに至りました。

今回政府は学校の閉鎖期間について「別命あるまで」としており、明示していません。したがって裁縫教室もいつ再開できるか目処が立たなくなっています。生徒たちのことを思うと胸が痛みますが、いまは我慢して自宅待機してもらうほかありません。

裁縫教室では今年度、寄宿舎建設に着手することにしており、土地の造成作業には早ければ今月から取りかかることにしていましたが、これも実施が微妙になってきています。状況がはっきりしたらまたご報告したいと思います。


******************************************************

当会は、「裁縫教室」 に通う少女たちを支援するためのご寄付を募っております。1口100円からご寄付いただくことができます(4千円で1人の少女が1年間裁縫教室に通うことができます!)。

 ・ネットでのご寄付 → こちら
 ・郵便振替でのご寄付→ 郵便振替口座番号: 00150−7−77254
             加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ
 ※ 郵便振替の場合は、備考欄に「裁縫教室指定」とご記入ください。

 −−−−−−−−−−−−−−−−


● 2クリックで寄付できます  『 つながる募金 』

『 つながる募金 』


ソフトバンクのスマホ、携帯ならクレジットカード情報入力不要、  わずか2クリック、100円からご寄付いただけます!(TポイントでもOK!)

 ・当会 「つながる募金」 ページ → こちら

※au、docomo、パソコン等からも、クレジットカードを使って
  「つながる募金」からご寄付可能です!
  →当会 「つながる募金」 ページ(au、パソコン等) → こちら

******************************************************



  このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



■裁縫教室の卒業生を訪ねました!('20/3)■


2009年の卒業生、テレシアさん

2009年の卒業生、テレシアさん

卒業生のその後の状況をモニタリングするため、2009年に卒業したテレシアさんを訪ねました。一時ダルエスサラームに移っていたためモニタリングできずにいたのですが、現在はご両親と一緒に、裁縫教室のあるテマ村からは20kmほど離れた村で暮らしています。

久しぶりに会った彼女は元気な笑顔で迎えてくれました。教室で学んでいた頃はやんちゃ娘だったのですが、すでに2児の母親となり、仕草もすっかり大人びていて新鮮な驚きがありました。

現在は家で注文をとりながらの仕立仕事をやっていて、「裁縫教室で学べたから暮らせている」と言ってとても感謝してくれました。写真に写っている服も自分で作ったものだそうです。

自作の服、なかなか素敵です!

自作の服、なかなか素敵です!

そんな彼女ですが、じつは子供が生まれると旦那さんが彼女を置いてどこかに出て行ってしまい、女手一つで2人の子供を育てています。ダルエスサラームから実家に戻ってきたのもそのためで、生活は決して楽ではないでしょう。

達者で暮らしているのは何よりでしたが、今後たまに顔を見に行ってあげようと思っています。


******************************************************

当会は、「裁縫教室」 に通う少女たちを支援するためのご寄付を募っております。1口100円からご寄付いただくことができます(4千円で1人の少女が1年間裁縫教室に通うことができます!)。

 ・ネットでのご寄付 → こちら
 ・郵便振替でのご寄付→ 郵便振替口座番号: 00150−7−77254
             加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ
 ※ 郵便振替の場合は、備考欄に「裁縫教室指定」とご記入ください。

 −−−−−−−−−−−−−−−−


● 2クリックで寄付できます  『 つながる募金 』

『 つながる募金 』


ソフトバンクのスマホ、携帯ならクレジットカード情報入力不要、  わずか2クリック、100円からご寄付いただけます!(TポイントでもOK!)

 ・当会 「つながる募金」 ページ → こちら

※au、docomo、パソコン等からも、クレジットカードを使って
  「つながる募金」からご寄付可能です!
  →当会 「つながる募金」 ページ(au、パソコン等) → こちら

******************************************************



  このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



■裁縫教室、寄宿舎建設に向けて('20/1)■


裁縫教室で教鞭を執るレウベン校長先生

裁縫教室で教鞭を執るレウベン校長先生

カウンターパートTEACAの運営する裁縫教室に対して、当会は今年寄宿舎の建設を支援する予定です。これまでは所在地であるテマ村を中心に生徒を受け入れるデイスクールの運営形態でしたが、2021年からは寄宿制に移行します。これに備え、昨年から試験的に遠隔地からの生徒を受け入れ、寄宿制移行に伴う問題点の洗い出しを行っていました。この遠隔地生徒の受け入れを、今年も継続することにしました。

そこでこの1/17〜1/19にかけて、裁縫教室のレウベン校長先生とTEACAのスタッフがキリマンジャロ州のサメ県を訪れ、村や教会などで裁縫教室の説明会を実施しました。裁縫教室への関心は高く、その場で3組のご両親が入学の申し出をしてくれました。ただ寄宿費はやはりネックとなってきそうです。

当会は1月末から3月初旬まで現地調査を実施しますが、現地ではTEACAと寄宿費の設定を含め、寄宿制度への移行の詳細および寄宿舎建設のスケジュールを詰めてくることにしています。また寄宿制に移行した後、継続的に遠隔地の生徒を受け入れるための、広報手段の確立も重要となってきます。このため広報ツールとしてTEACAからはWEBサイト立ち上げの依頼がきていますが、村ではインターネットの環境が整っておらず、今後の課題だと言えます。

今年は授業進捗および生徒の理解度の正確な把握のため、他校との連携も開始する予定で、裁縫教室は今年、来年と大きな変化を迎えることになります。


******************************************************

当会は、「裁縫教室」 に通う少女たちを支援するためのご寄付を募っております。1口100円からご寄付いただくことができます(4千円で1人の少女が1年間裁縫教室に通うことができます!)。

 ・ネットでのご寄付 → こちら
 ・郵便振替でのご寄付→ 郵便振替口座番号: 00150−7−77254
             加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ
 ※ 郵便振替の場合は、備考欄に「裁縫教室指定」とご記入ください。

 −−−−−−−−−−−−−−−−


● 2クリックで寄付できます  『 つながる募金 』 スタート

『 つながる募金 』


ソフトバンクのスマホ、携帯ならクレジットカード情報入力不要、  わずか2クリック、100円からご寄付いただけます!(TポイントでもOK!)

 ・当会 「つながる募金」 ページ → こちら

※au、docomo、パソコン等からも、クレジットカードを使って
  「つながる募金」からご寄付可能です!
  →当会 「つながる募金」 ページ(au、パソコン等) → こちら

******************************************************



  このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る


当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C) タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.