イベント活動の取り組み状況


 ●2017年  6月 「エコライフ・フェア2017」に出展しました!
          4月 地域のお祭り「さくらまつり」に参加しました!
          3月 「Satoyama & Satoumiへ行こう! 2017」 に出展
             

 ■2016年分
 ■2015年分
 ■2014年分
 ■2013年分
 ■2012年分
 ■2011年分
 ■2010年分
 ■2009年分
 ■2008年分
 ■2007年分
 ■2006年分
 ■2005年分





 6月3日-4日 エコライフ・フェア2017に出展しました!


6月3日-4日に代々木公園で開催された「エコライフ・フェア2017」に出展しました。 両日とも天気がよく、暑すぎるくらいの陽気の中約4万人の来場者があったようです。 会場では様々なアーティストや芸人さん達のライブが行なわれたり、多くの企業・団体が出展していました。



ここ数年は手工芸品チームのみの出展で、ポレポレクラブそのものが出るのは久しぶりでした。 今回は、一つのテントを手工芸品チームと半分ずつでの出展。 スペースは狭くなってしまいましたが、その分空いたスペースがなく盛りだくさんのブースでした。



通りがかりに「キリマンジャロ山の人も森も守っていない国立公園」という言葉が気になったのか、「これ、どういうことですか」と言って聞きに来て下さる方やカンガのバッグを見て「わぁーかわいい」と言って入ってきてくれる方、日射しが強すぎてとりあえず日陰を求めて来られる方など…様々な人が立ち寄って下さいました。


今回NGO・NPOゾーンが奥の方になってしまったこともあり、全体的に立ち寄ってくださる方は少なかったですが、その分ブースまで来て下さった方は熱心に話を聞いてくれました。今夏提出を予定している署名に協力してくれた方もいました。ボランティア・アルバイトに興味を持ってくれた方もいて、少しでもキリマンジャロ山の問題を知ってもらえる機会になったのではないかと思います。



ご来場いただいたみなさま、ブースを訪れてくださったみなさま、大変ありがとうございました。


イベントの最新報告   今後の予定   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る




 4月16日(日) 地域のお祭り「さくらまつり」に参加しました!





4月16日に当会の地元、桜新町駅前通りで開催された地域のお祭り「さくらまつり」に参加しました。

このお祭りは桜新町商店街振興組合が主催していますが、毎年多くの地元のみなさんで賑わっており、桜新町商店街はなかなか元気がよいです!当日は晴天に恵まれ、駅前の桜並木もまさに満開の素晴らしいタイミングでした。

そして桜新町といえば、あのサザエさんの原作者である長谷川町子さんが住んでいた町。会場の駅前通りにはサザエさん一家の着ぐるみが勢揃いし、通りを練り歩いていきます。そのあとをたくさんの家族連れが追いかけ、写真をパチパチ、サザエさん人気は絶大です!




ポレポレクラブは国際協力イベントとは趣を変えて、タンザニアの民芸品の販売を中心に出店しましたが、クラウドファンディングがいよいよお祭りの翌日が支援受付の終了日ということもあり、最後のお願いをあわせてしてきました。

今回民芸品は春のバーゲンではありませんが、全品半値の特別価格で販売しました。値段はもちろんですが、カラフルな現地の民芸品はとくに小さな子どもたちには興味の的だったようで、おもちゃ代わりに腕にビーズのブレスレットを全部つけて遊びだす子どもや、商品をつかんで放さない子どもなど、なかなか可笑しかったです。

そんななか、"エデンの森"のことをとても気にかけてくださり、「応援してますから頑張ってください!」と言ってくれた中学生の女の子や、ミャンマーで植林に取り組んでいる別のNGOのスタッフの方が話を聞きに来てくれたりと、キリマンジャロ山の問題についても知って頂ける機会になったのかなと思います。

当日はブースをお子さんを連れてご夫婦でお手伝いに来てくれたり、駆け込みで懐かしいメンバーが手伝ってくれたりととてもありがたかったです。

 


おっと、水前寺清子さんを忘れるところでした。今年もチーターこと、水前寺清子さん(地元にお住まいです)が登場!こぶしのきいた♪一日一歩〜♪の歌声が会場に響き渡りました!ほかにも元サッカー選手の北澤豪さんやモト冬樹さんもいらしていたり、今年も変わらず賑やかなさくらまつりでした。


********************************************************************************* クラウドファンディング・プロジェクト「世界遺産に想いの乗った木を植え、人と森、動物たちを守りたい」は本日(17日)23時が支援受付締切りとなっております。目標額には到達していますが、プロジェクトでは設定している2千本の植林に1本でも多くの苗木を上乗せすることを目指していきます。

"エデンの森"での植林にご協力いただければ幸いです!
クラウドファンディングのページ → https://readyfor.jp/projects/eden


イベントの最新報告   今後の予定   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る


 3月25日(土)〜26日(日)  「Satoyama & Satoumiへ行こう! 2017」 に出展しました!





3月25日〜26日に幕張メッセで開催された「Satoyama&Satoumiへ行こう!2017」 に出展しました。

このイベントへの参加は今回が初めてですが、新しいアプローチで地域(里山や里海)の景観と暮らしを考え、若者に里山、里海への興味を喚起させることを目的に開催されています。また多くの自治体が抱えている「地元の○○をもっと多くの人に知ってもらいたい!」、「地元の○○スポットに観光客をもっと誘致したい。」、「地元ならではの○○祭りを見に来てほしい!」、でもそれを発信する場所とパワーがない…といった課題に応えるための場としていくという目的で開催されています。




普通の国際協力イベントと違うのは、多くのタレントを抱えるプロモーション会社が主催しているイベントということ。会場にはそうしたタレントの方も多く参加しており、来場者も山や海、地域の活性化に関心がある方だけでなく、そうしたタレントのファンの方が大勢いらしていました。

一方、出展しているのは地域を元気にしようという自治体や主に国内をフィールドに活動しているNPOで、全国各地から出展していました。そんな中、アフリカで活動している当会はかなり異色の存在だったといえそうです。

イベントが里山、里海をテーマにしていることから、当会はキリマンジャロ山の森を日本の里山に見立て、「世界遺産・キリマンジャロ山の "エデンの森" 探検 & 子どもたちの絵展」というコンセプトでブース出展しました。

 


イベント期間中、ブースにはアップアップガールズなど頼もしいアイドルたちがお手伝いに来てくれましたが、さすがはアイドル!!彼女たちの声は多くの人を呼び寄せ、ブースの前はあふれるほどの人、人、人。これまで経験したことのない貴重な別世界体験でした!




来場者にはタレントさんのファンの方が多い中、「エデンの森」の活動に共感してガールフレンドを連れて再びブースに来てくださったり、好きなアイドルを見るためにイベントに来たけれど、荒廃地で植林する村人たちの写真を見て『エデンの森』を応援したい!とご寄付をしていただいた女性など、異色な当会のブース展示に関心を持っていただけた方が思っていたより多かったのが新鮮な驚きでした。

ブースを訪れてくださった皆さま、「エデンの森」に賛同して下さった皆さま、ありがとうございました!



イベントの最新報告   今後の予定   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る


※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C)2001 タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.