イベント、その他情報


 ●2022年
    7月  未知の出血病、正体が明らかに
    5月  HAKIMAMAのロゴマークデザイン ボランティア募集!
    2月  ンゴロンゴロ、ロリオンドからのマサイ排除に反対!

2021年分2020年分2019年分2018年分2017年分2016年分2015年分2014年分2013年分2012年分2011年分 2010年分2009年分2008年分2007年分2006年分2005年分




■7月 未知の出血病、正体が明らかに■



「奇病から身を守ろう」と大見出しで伝える現地紙“Nipashe” (2022/7/19付)



タンザニアで発生していた出血(鼻血)を伴う正体不明の病気が、レプトスピラ症(スワヒリ語でムグンダ熱“homa ya Mgunda”というらしい)であることが分かりました。

この病気はタンザニア南部のリンディ州で7月5日に最初の患者が確認され、その後約20人に拡大、うち3人が亡くなりました。症状が致死率の高いエボラ出血熱やマールブルグウイルス病(直前の6月末にガーナで発生、2人死亡)と似ていたことから、報道でも大きく取り上げられるところとなりました。

幸いこれらの病気とは関係ないことが比較的早い段階で分かったのですが、それだけに死の恐れのある未知の出血性の病気との不安が高まっていました。

レプトスピラ症はレプトスピラ菌を保菌している動物(ネズミ、リス、キツネ、鹿、アンテロープ、イヌ、家畜などの哺乳動物)の尿から排泄され、その動物、あるいは排泄された尿や尿で汚染された水、土壌に触れたとき、皮膚や粘膜を通して菌が侵入し、感染するようです。

しかしヒトからヒトへの伝染は希であり、「予防も治癒も可能である」として、ウミイ・ムワリム保健相は国民に落ち着くよう呼びかけています。

初症例の報告から病気の確定まで約2週間で、タンザニア政府はかなり迅速に動いた印象を持ちます。ちなみに現在やはり世界を騒がせているサル痘が疑われる症例が確認されたウガンダ(6月初旬)では、その陰性が報告されたのは7月1日で、約3週間かかりました。

病気が明らかになれば治療や予防に向けた対応のしようもあり、未知の病気であるよりずっとマシです。20年ほど前、タンザニア中部の乾燥地帯を調査していたとき、体中から体液が吹き出てくるという訳の分からない状態になったことがありました。地元の病院ではまったく対応ができず、あるところにお世話になり、一ヶ月ほどでようやく快方に向かいました。しかし病名は未だに不明のままです。その後現地ではコレラやらチフスやらにも罹りましたが、病名が分かっただけでもどれだけ精神的に楽だったかと今でも思い起こします。

いまキリマンジャロ山で一緒に活動している地域組織のリーダーの一人も、長く病名不明の病と闘っています。いくつか名のある病院でも診てもらいましたが、何もはっきりしたことが分かりません。またいつ大きく体調を崩すかと思うと心配でなりませんが、本人はいつも気丈に振る舞っています。

今回のタンザニアでの未知の病のニュースに、いろいろと思いが巡りました。早い段階でそれが何であるかが解明され、また予防、治療も可能であることが分かり、引き続き警戒は必要でしょうが、まずは安堵しています。


******************************************************

タンザニア・ポレポレクラブは会員を募集しています!

タンザニア・ポレポレクラブは、会の活動を支えてくれる「会員」を募集しております。ぜひ会員として、キリマンジャロ山麓での当会の取り組みを応援してください。会員になると、現地の最新の取り組み状況をお伝えするニュースレターを年3回、現地からの絵ハガキを年1回受け取ることができます!

・ネットでのご入会 → こちら

・郵便振替ご利用の場合
 → 郵便振替口座番号: 00150-7-77254
   加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ
 ※郵便振替の場合は、備考欄に「会費」とご記入ください。

******************************************************


  今後の予定   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



■5月 HAKIMAMAのロゴマークデザインボラさん募集!■




キリマンジャロ山で地域住民が主体となって山の自然と住民の生活を守っていくため、モシ県の森に沿う村々が組織した地域連合HAKIMAMA(※)。

そのHAKIMAMAから、村々の間の一体感をさらに固め、励みとなるよう、組織のロゴマーク作りを手伝って欲しいとの要望が寄せられています。

ロゴマークにはキリマンジャロ山、水源、森、苗木、ミツバチ、改良カマドを盛り込みたいというのが彼らの要望ですが、ちょっと詰め込みすぎな気も・・・。

とはいえ、何とかしてあげたいと思っています。 ただ当会ではデザイン関係は何ともならず、ボランティアでデザイン作成のお手伝いをしていただける方がおりましたら、ぜひ当会までお声がけください!

上の画像は当会が以前作成したキリマンジャロ山で村人たちが守ってきた“エデンの森”のロゴマークです。行政機関や地域で認識を広めるのにとても役立っています。こんな感じでできると良いなと思っております。

※Harakati ya mlima Kilimanjaro kwa Mazingira na Maisha(環境と生活のための社会運動-キリマンジャロ)。略称の“HAKIMAMA”は、 スワヒリ語で「ママたちの権利」という意味にもなります。


【連絡先】
 タンザニア・ポレポレクラブ(担当:藤沢)
 Email : pole2club@gmail.com


******************************************************

●キリマンジャロ山での「植林」活動をぜひ応援してください!

当会HPで1口100円からご支援いただけます。100円でキリマンジャロ山に苗木を1本植えることができます! → こちら

 ・郵便振替ご利用の場合
  → 郵便振替口座番号: 00150−7−77254
    加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ
 ※郵便振替の場合は、備考欄に「植林支援」とご記入ください。


千円以上のご寄付には、もれなく個々にも掲載されている『エデンの森』ステッカーを進呈いたします!

******************************************************


  今後の予定   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



■2月 ンゴロンゴロ、ロリオンドからのマサイ排除に反対!■



世界遺産のあるンゴロンゴロ、なかでもロリオンドから、マサイの人々を排除しようとの動きが再燃しています。

もともと野生動物とともに暮らしてきた彼らは、やはり世界遺産でもあるセレンゲティの野生動物と自然を守るためとして、これらの地域に強制的に移住させられました。その代償として政府は、彼らを二度と強制移住させないこと、彼らの生活と発展を支援することを約束しました。

またンゴロンゴロは、人間を排除する「国立公園」としてではなく、人と野生動物の共生の地とすることを目的としたことから、「保全地域」という特別な地位と名称が与えられています。

それにも関わらず、現地では野生動物、自然環境、外国人(=観光)重視の政策、対応がとられ続け、地域住民(マサイの人々)は虐げられ続けてきました。

生活支援のためのインフラは十分に整備されるどころか、家屋は燃やされ、家畜は没収され、逮捕される者も後を絶ちません(ここでは「逮捕」という穏やかな表現にとどめておきます)。

この問題はすでに半世紀にもわたっており、キリマンジャロ山の森の問題よりもはるかに長いといえます。マサイの人々が置かれている状況はあまりに理不尽でアンフェアなものです。

強制排除が行われる理由として、ンゴロンゴロでの人口と家畜の増加がいわれています。確かにそれが環境収容力とバッティングするといった問題はあるかもしれません。絞る知恵も必要でしょう。しかし守るべきは野生動物、自然環境であって、そこに暮らしている人々はその限りではない、などということがあってよいはずがありません。

いわんや観光や外国人の余興(ハンティング)促進のために強制排除が行われるのだとしたら論外だと言えます。 じつは2013年に、この問題がいったん沈静化したことがあります。その影には、国際機関やタンザニア政府による保護一辺倒の横暴なやり方に声を上げた世界の人々の声がありました。その声がいま再び求められています

。 ドイツのNGO“Rainforest Rescue”が、以下のサイト(英語)で国際機関(ユネスコ世界遺産委員会)およびタンザニア大統領に対して、ンゴロンゴロからのマサイの人々の強制排除をやめるよう求める国際署名キャンペーンを展開しています。趣旨に賛同される方は、こういう形でもマサイの人々が必要としている力になれますので、ぜひ協力の検討をしてみてください。

 Rainforest Rescue:“Stop the eviction of the Maasai from Ngorongoro!”


******************************************************

タンザニア・ポレポレクラブは会員を募集しています!

タンザニア・ポレポレクラブは、会の活動を支えてくれる「会員」を募集しております。ぜひ会員として、キリマンジャロ山麓での当会の取り組みを応援してください。会員になると、現地の最新の取り組み状況をお伝えするニュースレターを年3回、現地からの絵ハガキを年1回受け取ることができます!

・ネットでのご入会 → こちら

・郵便振替ご利用の場合
 → 郵便振替口座番号: 00150-7-77254
   加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ
 ※郵便振替の場合は、備考欄に「会費」とご記入ください。

******************************************************


  今後の予定   このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る


※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C) タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.