ポレポレらくがきクラブ 活動の履歴


●2010年     5月 「今後の活動方針を決定!」
            3月 「絵本をオリモ小学校の先生に渡した反応はいかに?」
            1月 「日本食文化紹介絵本、完成!!」
            1月 「日本の食文化紹介絵本の完成に向けて大詰め!」

●2009年    11月 「日本食文化紹介のアイデアが満載!」
           11月 「アトリエ輪音の方と話し合い」
           10月 「お互いの国の文化紹介で文通をしよう!」
            9月 「グローバルフェスタの展示に向けて」

  


2010年分

5月9日(日) グループミーティング 
「今後の活動方針を決定!」



【議題】

            @ タンザニアの小学校の先生に絵本を渡した際の様子
            A 今後の活動について
            B イベントの参加について
            C 活動に関わる費用について

@ タンザニアの小学校の先生に絵本を渡した際の様子とそこから分かった課題

「日本の食文化の移り変わり」というテーマで書いたイラストを、2月にメンバーの2人が現地に渡航した際に 持って行ってもらいました。その結果、オリモ小学校の職員室で先生方に発表する機会があったそうで、 私たちが描いたものを見ていただいたそうです。しかし、【ポレポレらくがきクラブ(旧:絵本プロジェクト)の認識が薄く】、
【私たちが文通の目的で送った手紙が誰の手に渡ったのかが不明】という事実が
判明しました。

というわけで、今後も継続的な絵を通じた交流を実現するためには、
【現地で中心となって活動してくれる先生を特定しなければならない!】
という課題を解決しなければならないことが分かったのです。

A 今後の活動について

中心となって活動してくれる先生を探す方法として、文通でやりとりを試みていたこれまでの経緯もあり、 手紙でお願いすることになります。しかし、これまでと同じでは、同じことの繰り返しになってしまいますので、 今回は、以前に送った「私たちと一緒に活動してみませんか?」という問いかけの手紙に対して返事をくれた5人の先生宛に、 直接宛名を書いて手紙を出すことにしました。(これまでの宛名は「オリモ小学校の先生方」という曖昧なものでした)

この5人の中の誰か一人が中心となり、絵通(絵を通した文通)を続けて行けるようになることを目指します。

今回の手紙は、「中心になって絵のやりとりをしてくれるかどうか、先生の意思を確認する」ことが最大の目的です。 書くべき内容は以下のようになります。

〜手紙の内容〜

@頻度は年に2回程度
A郵送に必要な費用・封筒などはこちらで支援
B上記の条件で文通(絵通)は可能かどうか
C中心となって現地の活動を先導してくれるかどうか
D言葉は英語でも大丈夫かどうか
E1回目の返信は7月31日までに出してもらう

加えて、これまで私たちの自己紹介を先方に行っていなかったので、 私たちがどんな人なのかをきちんと伝えるために、自己紹介シートと ミーティング風景の写真を同封したいと思います。 自己紹介シートは、【一人1枚B5サイズ、自分の似顔絵を描く、文章は最小限】 ということだけを共通事項として、あとは何をどう書くも自由としました。

B イベントの参加について

近々のイベントとして、アフリカンフェスタが6月12・13日に迫っています。
しかし、ポレポレらくがきクラブは出展しないことに決まりました。
理由は、活動の基盤となる部分が確定しておらず、メンバーを募集したり、
イベントの準備をする余裕がないからです。
今は今後の活動方法を確立することに専念したいと考えたからです。

C 活動に関わる費用について

活動を始めた当初に1度だけ会費を集めたことがあります。
しかし結局、その場で割り勘にしてしまったり、個々で買ってきてしまったり、
家にあったものを使ったりと、当初に集めたお金が手付かずで残っています。
今後の経費として考えられるのは
@郵送代
A材料費
Bイベント出展費用
の3つです。
とりあえず次回の郵送代と同封する返信封筒は最初に集金した会費から出すこととし、 予算については追々話していきたいと思います。

5月絵本ミーティング
ミーティングで使ったホワイトボード

次回のミーティングに日程は、5月の30日(日)13:00から飯田橋のセントラルプラザ10Fの東京ボランティア・市民活動センター にて実施いたします!

★ポレポレらくがきクラブのミーティングには、興味のある方ならどなたでも参加できます。 参加したい方は、事務局までお気軽にご連絡下さい!
→E-mail : pole2club@hotmail.com





このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



3月13日(土) グループミーティング 
「絵本をオリモ小学校の先生に渡した反応はいかに?」


【議題】

            @ タンザニア・テマ村に派遣されたメンバーの帰国報告
            A 今後のグループ活動の方針について
            B 次回ミーティングの日程について


@タンザニア・テマ村に派遣されたメンバーの帰国報告
ポレポレらくがきクラブの活動メンバーの1人(タンザニア・ポレポレクラブ アルバイト 臼杵)が、日本の文化を紹介した絵本の第1巻(今回のテーマは「食」)を手に2月17日から3月10日にかけてタンザニア・テマ村に派遣されました。絵本はオリモ小学校の先生に届けられ、そのときの先生達の反応を含めた報告がミーティングでなされました。

絵本は、予定していたオリモ小学校の先生だけでなく、テマ村の先生以外の村人たちの目にも触れる機会ができ、見やすいイラストに興味を持ってもらえた様子でしたが、一緒に書いておいた英語の説明文は、やはり英語能力の壁もあり、苦戦していた様でした。

先生から挙がった感想の中には、次の活動につながる内容が含まれているものもあり、具体的には「今回紹介してくれた日本食の作り方が知りたい。」や「日本では、どんな食物が栽培されているのか?」という意見が出されていた様です。



A今後のグループ活動の方針について
@の帰国報告を受けて、今後の活動方針について話し合いました。

ポレポレらくがきクラブでは、過去に何度かテマ村現地に作品を持ち込んだりした経験があります。例えば、あるテーマに基づいて絵を描いてもらったり、絵本の読み聞かせをしたりしました。いずれも対象が子どもたちだったためか、反応が非常に良く、たくさんの絵が集まったりと大盛況のうちに幕を閉じています。

その後、継続的な文化交流を目指して、オリモ小学校の先生と「文通」という形でお互いの文化紹介をしていこうということになりました。最初は、先方の先生方から非常に詳しくイラストを交えてタンザニア食文化を紹介する手紙を送って頂きました。その返事として作成したのが、今回の「日本食文化紹介の絵本」です。

しかし、先生たちの日常は教職だけでなく、ハードな家畜や畑の世話もあったりと忙しく、手紙も日本のように気軽に送ることが難しい環境にあることを考えると、今回のやり取りだけで終わってしまう可能性を否定できません。

今後の先生との持続的なやり取りを実現する方法をミーティングで話し合いましたが、参加者が少なかったこともあり、5月の休日の多いときに、なるべく多くの活動メンバーに集まってもらって、しっかりと話し合おうということになりました。5月のミーティングの話し合いの結果が、今後のポレポレらくがきクラブの命運を左右するといっても過言ではありません!!

もちろん、これを見て興味を持っていただいた新しい方のミーティングへの参加も大歓迎です!!
興味のある方は、お気軽に下記の連絡先までご連絡ください。

B 次回ミーティングの日程について
5月のなるべく多くのメンバーが参加できる日程を調整しています。日時が確定次第、ポレポレクラブホームページの「今後の活動予定」にてお知らせしますので、興味のある方はお気軽に下記連絡先までご連絡ください。


★ポレポレらくがきクラブのミーティングには、興味のある方ならどなたでも参加できます。参加したい方は、事務局までお気軽にご連絡下さい!
→E-mail : pole2club@hotmail.com





このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



1月31日(日) グループミーティング 「日本食文化紹介絵本、完成!!」


【議題】

              @ 日本食文化紹介絵本の完成
              A アトリエ輪音の方と今後
              B 次回ミーティングの日程決定


@ 今年の2月にオリモ小学校の先生宛に届ける日本文化紹介絵本の第1巻の完成に向けて、昨年から準備を進めてきました。テーマとして第1巻は「日本食の変化」を取り上げ、イラストとともに簡単な文章(英語)で紹介する様式で統一しています。

今回のミーティングでは、各自が担当した部分の清書版を持ち寄りファイルに綴じました。メンバーの1人が作ってきてくれた素敵なイラスト付きの表紙も一緒に綴じて、食文化紹介の自信作ができあがりです!

現地の方が見てくれた際の感想を少しでも聞き、第2巻以降のテーマ決定に反映させたいという想いから、最後のページにオリモ小学校の先生宛のメッセージや感想記入ページを設けてみました。あとは、ポレポレらくがきクラブの活動とメンバーを紹介するためのページを綴じて完成です!!

この絵本の作成は、一方的な紹介ではなく、お互いの国の文化交流を活発に行うきっかけとなることを目標にして実施してきたものです。これを見てくれた現地の方が何かを感じて、次の文化交流のアクションにつながってくれることを願って、2月に現地に派遣されるメンバーに完成品を託します。

A 昨年の11月に、ポレポレらくがきクラブの活動に興味を持って頂いたNPO「アトリエ輪音」の方と、今後一緒にできる活動がないかどうかについて話し合いました。

オリモ小学校の先生に向けた日本食文化紹介の絵本作成活動も一段落し、次の活動の模索も含めてアトリエ輪音の方との今後の共同活動について何ができるかを話し合いはじめました。まずは、自分たちに何ができるのか、何がしたいのかを改めて整理し、メンバー同士の暗黙の理解ではなく、外部の方にも伝えられる形で明確にしていこうという方針にまとまりました。よりしっかりとポレポレらくがきクラブの信念が磨かれる1年になりそうで、今後が楽しみです。

B 次回のミーティング
3月13日(土)を候補として検討しています。日時が確定次第、ポレポレクラブホームページの「今後の活動予定」にてお知らせしますので、興味のある方はお気軽に下記連絡先までご連絡ください。場所は今回と同様、神奈川県民サポートセンター 9階 ミーティングルームです。


★ポレポレらくがきクラブのミーティングには、興味のある方ならどなたでも参加できます。参加したい方は、事務局までお気軽にご連絡下さい!
→E-mail : pole2club@hotmail.com





このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



1月10日(日) グループミーティング 「日本の食文化紹介絵本の完成に向けて大詰め!」


【議題】

      @ オリモ小学校の先生宛てに作成する日本食文化紹介の絵本に記載する英文のチェック
      A 仕上げてきたイラストと日本食文化紹介文の内容の見直し
      B 次回までに仕上げてくるものの内容
      C 新しいグループ名の決定
      D 次回ミーティングの日程決定


@ 今年の2月にオリモ小学校の先生宛に届ける日本文化紹介の絵本のテーマは、各時代の"日本の食"である。イラストとともに簡単な文章で紹介するということで、各自担当した時代の紹介文の英文を確認しました。

A 時代背景を「大昔」「江戸時代」「戦前」「戦後」「現代」と順番に並べて、イラストと紹介文を読み上げて見直した所、大昔と江戸時代の間がかなり開いているので、集団で行動するようになり、徐々に身分の差がでてきた背景をイラストで表現すると共に紹介文も少々変更することにしました。
また、ステレオタイプの日本食のイラストをたくさん描いた表紙を作り、タイトル『 The history of Japanese foods 』を入れる。
裏表紙として、ポレポレらくがきクラブの紹介文や、連絡先、写真などを入れることにしました。
また、感想ノートを作り、現地のからのメッセージや絵を描いてもらえるようにすることに決定しました。

B 次回のミーティングまでに、今回見直した英文を、完成したイラストに書き加えて仕上げます!変更があったイラストは英文も再チェックして、流れを再確認します。仕上げたイラストを各自1部づつカラーコピーして、日本での保管用と先生へ届けるものとで2冊用意することになりました。

C 興味がある方に気軽に参加してもらえるように、「らくがき」を取り入れたグループ名にしようという意見が以前からでていたので、『ポレポレらくがきクラブ』に変更することになりました。

D 次回のミーティング
1月31日(日)10時30分から 神奈川県民サポートセンター 9階 ミーティングルーム


★ポレポレらくがきクラブのミーティングには、興味のある方ならどなたでも参加できます。参加したい方は、事務局までお気軽にご連絡下さい!
→E-mail : pole2club@hotmail.com





このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



2009年分

11月29日(日) グループミーティング 「日本食文化紹介のアイデアが満載!」


【議題】

       @ NPO「アトリエ輪音」との今後のやり取りについて
       A オリモ小学校での日本主食文化紹介の各自内容報告
       B グループ名を考える
       C 次回ミーティングの日程決定


@ ポレポレらくがきクラブとアトリエ輪音双方の活動について、今後どのような形で一緒に活動していくか話を詰めていくことになりました。

A 来年2月に現地で紹介する日本文化の絵の内容は、テーマである各時代の主食を、イラストとともに紹介するということで、各自担当する時代の紹介文を発表しました。プラス面をマイナス面を取り入れ、発表する文はなるべく簡潔な文章でまとめ、次回までに修正すること。また、各自イラストを仕上げ次回までに紹介文を英文に訳しておくことになりました。

イラストの上には、時代的背景の変化が分かるように下記のような題をつけることになりました。

   (時代背景)      (題)
   1.大昔    → 稲作文化の始まり
    2.江戸時代 → 身分による食事の違い(農民・町民・大名)
    3.戦前    → 鎖国
    4.戦後    → 戦後における食料不足
    5.現代    → 欧米化

B 興味がある方に気軽に参加してもらえるように、「らくがき」を取り入れたグループ名にしようという意見がでました。
   例)ポレポレ らくがきぃーず

D 次回のミーティング 1月10日(日)10時30分から 神奈川県民サポートセンター 9階 ミーティングルーム


★ポレポレらくがきクラブのミーティングには、興味のある方ならどなたでも参加できます。参加したい方は、事務局までお気軽にご連絡下さい!
→E-mail : pole2club@hotmail.com





このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



11月7日(土) グループミーティング 「アトリエ輪音の方と話し合い」


【議題】

       @11月6日、NPO「アトリエ輪音」副代表田面さんとの話し合いの報告
       A オリモ小学校での日本主食文化紹介の各自内容報告
       B Aをオリモ小学校で紹介するためのポレポレ現地派遣スタッフ
        (臼杵)との話し合い
       C オリモ小学校への返信内容の再検討


@ 6日、ポレポレ事務所でポレポレらくがきクラブとアトリエ輪音双方の活動について紹介し、今後どのように関わっていくかを話し合いました。アトリエ輪音の塩見さんというメンバーの方が私達の活動に興味を持っていただけているとのことで、改めて塩見さんと連絡を取り合い、どのような形で一緒に活動していくか話を詰めていきます。

A 来年2月に現地で紹介する日本文化の絵の内容は、テーマである各時代の主食を、時代背景とともに描くことになりました。   
  例:大昔の場合→狩猟時代から稲作文化になり、主食が獣肉から米になった。

 ・マイナス面とプラス面を描くことを忘れずに。
 ・新たに出口さんが江戸時代(予定)の主食紹介を担当することになりました。

B 事務局アルバイトの臼杵さんがポレポレクラブのミッションとして現地でプレゼンする日本の文化紹介の中に、Aの日本の主食紹介を盛り込むことに決定しました。臼杵さんが説明できるように、まずは次回ミーティングまでに各自担当者は絵と文の作成を進めることにしました。

C オリモ小学校の先生方への手紙の中で、来年2月にオリモ小で臼杵さんが日本の主食紹介を行うことを知らせる。

 
▲アトリエ輪音さんとの打合せの様子

次回のミーティングは11/28(土)か11/29(日)のAM10時からの予定です。具体的な日にちが決定次第、ホームページの「今後の予定」に掲載いたします。




このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



10月17日(土) グループミーティング 「お互いの国の文化紹介で文通をしよう!」


 【議題】
1.今後の具体的な活動を考える
2.オリモ小の先生方への返信内容を考える
3.アトリエWさんの対応を考える
4.次回ミーティングの日程決定


1.今後の具体的な活動
グローバル・フェスタも終わり、早速次の活動へとシフトチェンジします!
オリモ小の先生方からの手紙に早くもいくつかのタンザニアの文化紹介がありましたが、あのような形で1枚の紙に絵と文章で文化を紹介するという風にしようと決まりました。
毎回テーマをひとつに絞り、同じテーマについてお互いの国のことをノートサイズの紙に絵と文章でまとめます。
例えば、まず最初のテーマは「主食の移り変わり」についてです。お互いの国で「主食」はどのような変化を遂げてきたのかを何枚かの紙にまとめます。それが集まるとちょっとした"文化図鑑"のようになると企んでいます。
この活動には資料集めが必要です。
役割分担は
  ・大昔の日本の主食
  ・戦前の日本の主食
  ・戦後の日本の主食
  ・現在そして今後の日本の主食
となっています。
次のミーティングまでに各自担当となっている時代の周辺の資料を集めて、 書きたいことをまとめます。
その資料をもとに日本の主食がどのように変わってきたのかを分担して簡単な絵と文章でまとめたいと思います。
全員の共通事項は「それぞれのプラスの面とマイナスの面をかくこと」です。


2.オリモ小の先生方への返信内容
以上の今後の活動を踏まえて返信内容を考えました。


3.アトリエWさんの対応
アトリエWさんとお会いするかどうかの打合せをします。


4.次回のミーティング
11月7日(土)15時〜@神奈川県民サポートセンター





このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



9月12日(土) グループミーティング 「グローバルフェスタの展示に向けて」


9 月12 日(土)、10 月に開催されるグローバル ・フェスタでの絵の展示について ミーティングをしました。今回はそのミーティングの内容をお知らせします。
グローバルでは、ポレポレらくがきクラブの活動の経緯がわかるパネルを展示 ・実際の活動の様子がわかる写真 と絵の実物をファイルにて展示 、活動全体が詳しくわかるチラシを配 ろうと思います。
また、 ポレポレらくがきクラブの活動の大目的についても話し合い ました。日本とタンザニアのテマ村は、話す言語も食べるものも、生活習慣も違っています。しかし、環境について や 自分たちの伝統についてなど、同じような問題を抱えていたりします。
違う環境で生活する人が同じような問題について語り合うことで、共感したり、考えの幅が広がったり、新しいアイデアが生まれたりするのではないでしょうか。
テマ村の人たちとこのようなお互いにとって良い関係を築きたいというのが私たちの活動の目的です。
そのきっかけとして絵を通してテマ村の人たちにアプローチしてみよう、と私たちは考えます!
  
▲テマ村の子どもたちから返ってきたたくさんの絵

今回の グローバルでは 、私たちのこれまでの活動の記録と今後の方向性をみなさんに伝え、私たちの活動の内容・目的・動機・経緯を提示し共感し活動に参加してくれる人 と出会えればと思っています。


このページの先頭へ戻る   トップページへ戻る



★ポレポレらくがきクラブの活動には、どなたでも参加できます。興味のある方は、
タンザニア・ポレポレクラブまでお気軽にご連絡ください。

タンザニア・ポレポレクラブ
E-mail : pole2club@hotmail.com
TEL: 03-3439-4847




★最新の活動報告は→こちら    ★今後の予定は→こちら



このページの先頭へ戻る     トップページへ戻る


※当サイトに掲載している、記事、写真等の無断転用を禁止します。
Copyright(C)2001 タンザニア・ポレポレクラブ All Rights Reserved.